最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「組み体操」を強制する文科省や教師は何もわかっていなかった! 自分で体験した途端「4段でも無理」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 死亡事故も含む重大事故が相次ぎ、問題性を指摘され続けている「組み体操」問題。1月30日放送『NEWS23』(TBS)では、「学校のモンダイ "感動"と潜むリスク 組み体操相次ぐ事故のウラ側」と題し、学校現場における組み体操をめぐった動きを特集していた。

特集ではまず、いかに組み体操が生徒たちを危険にさらしているかを紹介。2015年には、大阪市の中学校で生徒157人が参加する10段のピラミッドをつくったところ、校舎の2階よりも高いその山が崩壊する事故が起こっている。これにより、男子生徒1人が右腕を骨折する大けがを負ったほか、5人の生徒も打撲などのけがを負った。

また、16年には広島の中学校で、生徒が3段に重なる移動式ピラミッドの2段目にいた男子生徒が運動会の2日後に脳内出血のため死亡。落下するとき後頭部に強い衝撃が加わったのがその要因と考えられ、遺族は「事故を未然に防ぐ安全対策を講じていなかった」として学校側を相手どり、約9600万円の損害賠償を求める裁判を起こしているケースも紹介されていた。

『NEWS23』には、実際に組み体操で大けがを負った女子生徒も出演。インタビューに応じた彼女は、小学校6年生のとき、1段目6人、2段目5人、3段目3人、4段目1人で構成される高さ3メートルの4段タワーの一番下におり、タワーが崩壊した際に左肘を複雑骨折した。1年の間に3回もの手術を余儀なくされるような大けがで、事故から4年経った現在でも完治はしていない。寒い日には痛みが走り、以前のようには肘が曲がらないという。

組み体操をめぐっては、昨年度だけで5271件もの事故が起こっており、1969年以降の統計をまとめると、これまでに死亡事故は9件、障害の残る大けがも102件起きているという。

こういったデータがある以上、組み体操を生徒に強いることが危険なことはわかりきっているのにも関わらず、なぜ現在のような状況になっているのか。『NEWS23』の取材に名古屋大学大学院の内田良准教授はこのように語っている。

「組み体操に対する根強い期待というかですね、『感動するからいいじゃないか』みたいな。『来年はもっと盛り上げよう』という、そういうかたちで組み体操は巨大化してきたと」

内田氏が指摘した「感動するからいいじゃないか」という考えは、まさに学校現場で流布されているものである。前述した左肘を複雑骨折した女子生徒の学校で配られていたプリントには、組み体操の意義として「伝統をつなごう!」や「我慢し、努力し、一生懸命な姿が感動を生む!」といった言葉が書き散らされていた。

『NEWS23』では指摘されていなかったが、組み体操による「感動」押し付けの背後には、安倍政権の教育政策がある。

16年1月29日付東京新聞の取材に対し、義家弘介文科副大臣(当時)は「組み体操はかけがえのない教育活動で、悪いことではない」「危ないのは組み体操だけではない。何件だから危ない、と線引きすることには慎重な対応が必要」「事故が起こって問題になったからと上から目線でずばっと何段と切るのは、指導上は不幸なこと」「事故が起きているのは組み体操だけでない。柔道、剣道などあらゆるところに規制を出さなければいけなくなり不健全」などとして、すでに十分過ぎるほど危険性を指摘されている組み体操を徹底的に擁護したうえで、こんな戯言まで述べたのだ。

「(組体操は)自分も小中学校で行ったし、小六の息子も去年やった。五~六段の組み体操で、息子は負荷がかかる位置にいて背中の筋を壊したが、誇らしげだった。全校生徒が羨望のまなざしで見る中で、「ここまで大きくなった、見事だ」と私自身がうるうるきた」

自分を犠牲にしてでも他に奉仕することを強い、それに美しさを見出す組み体操をめぐる彼らの思考回路は、「国のために"個"は捨てろ」と全体主義的な価値観を国民に強要させようとする安倍政権の思想と完全に合致する。

『NEWS23』でも取材を受けていた内田良氏は、著書『教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』(光文社新書)のなかで、組み体操は戦後教育のなかでいったんは廃れていたものであったと説明している。

戦後まもなくの時期には〈小中高すべての学習指導要領に記載があ〉ったものの、死亡や重度障害の事例が後を絶たず訴訟に発展することもあり、〈おそらく組体操の文化は少しずつ、衰退していったものと推測される〉というのだ。しかし、それが2000年代に入ってから復活した。内田氏はこのように綴る。

〈組体操において、子どもたちは痛みや恐怖を感じる。だが、それは他者のためであり、そのようにして皆で相互に耐えることで1つのものをつくりあげていくという教育的物語が、そこにある〉

現在の安倍政権まで地続きとなっている21世紀に入ってからの保守化の流れが「組み体操復活」の流れに大きな影響を与えているのは間違いないだろう。

前述『NEWS23』で内田氏は、中学3年生の男子生徒が10段ピラミッドをつくると、1段目に位置する生徒には最大200kgの負荷がかかると指摘している。ピラミッドが成立している状態で200kgなのだから、それが崩れて身体の一部だけに重点的に負荷がかかるようなことになれば身体はどうなってしまうか、説明するまでもない。

番組では、小学校・中学校・高校の教師が集まった「"安全な組み体操"講習会」の模様を取材していたが、そのなかで3段ピラミッドに挑戦した教師たちは疲労の色を隠せず、「これが4段になるとどうなるか想像できますか?」との講師の質問に対し、中年男性の教師は息も絶え絶えに「無理」と語った。たかだか3段程度で自分には無理なものなのに、生徒には10段を強いているのだから狂っているというほかない。

また、驚くべきは、その講習を受けた感想として、また別の男性教師からこんなコメントが出ていたことだ。

「専門的なことをわからないまま指導している部分があったなということに気づいたので、きちんと理解したうえで教えていくことが事故の防止につながるんじゃないか」

組み体操による事故件数は11年度から15年度までの間は年間8000件前後を推移していたが、十分な安全確保を求めるスポーツ庁からの通知があった後の16年度は5200件あまりまで減った。とはいえ、それでもまだ5000件以上もあるのだ。また、自治体により組み体操をめぐる扱いにはばらつきがあり、東京都、奈良県、大阪市、福岡市、金沢市などのようにピラミッドやタワーを廃止したところもあれば、愛知県、名古屋市、神戸市、岡山市などのように段数制限を設けていまだに組み体操を残している地域もあると、番組では説明されている。

死亡事故が起こっているにもかかわらず、温存される組み体操。だが、子どもたちは、保守層の人々が感動で「うるうる」するためのマスターベーションの道具ではない。一刻も早く廃止されるべきだ。
(編集部)

外部リンク(リテラ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス