乃木坂46 新曲は『シンクロニシティ』と発表、白石麻衣「疾走感ある気持ちのいい曲」

dwango.jp news

2018/2/7 23:28

乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花、若月佑美、松村沙友理、高山一実が登壇し、7日開催された「はるやま/P.S.FAフレッシャーズキャンペーン新CM発表会」。新CMでは、スリーピースを着こなし、メンバーがイケメン男装姿を披露するという楽しみな作品となっているが、CM中に流れている楽曲が今春発売のニューシングルであることが公表された。
4月に発売予定の新曲のタイトルは『シンクロニシティ』。この会見の新CM発表で初お披露目となった。
IMG_5829
白石は「疾走感のある気持ちのいい曲になっています。まだレコーディングで歌ったくらいで、ダンスはCM用の振付なので、(オリジナルの)振り入れもまだですが、どんな仕上がりになるか楽しみにしていてほしいと思います」とアピールした。
昨年「日本レコード大賞」を『インフルエンサー』で受賞後、初のシングルリリースとなる。乃木坂46結成時から中心メンバーとして活躍した生駒里奈の卒業発表について言及した白石は「びっくりしましたし、ちょっと早いかなあと思ったりはしたのですけど、生駒ちゃんなりに新しい道で輝けるように背中を押して応援していけたらと思います」とメッセージを贈った。新しい形の”乃木坂46”の一歩を踏み出す重要な作品でもある新曲『シンクロニシティ』のパフォーマンスを大いに期待して待ちたい。

あなたにおすすめ