最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大塚芳忠、津田健次郎、細谷佳正が「ゴールデンカムイ」陸軍第七師団の兵士に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鶴見中尉(CV:大塚芳忠)
鶴見中尉(CV:大塚芳忠)
(C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
(C)野田サトル/集英社
 テレビアニメ「ゴールデンカムイ」のキャストが追加発表され、大塚芳忠、津田健次郎、細谷佳正の出演が判明した。

同作は野田サトル氏が「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載し、「マンガ大賞2016」を受賞するなど高い評価を得ている和風ウェスタン活劇漫画のアニメ化。戦死した親友との約束を果たすために北海道へと渡った元軍人の杉元佐一が、アイヌの少女アシリパ(「リ」は小さな「リ」)とともに、莫大な埋蔵金をめぐって陸軍第七師団や脱獄囚らと争奪戦を繰り広げる。

このほど出演が明らかになった声優陣は、いずれも杉元一行の前に立ちはだかる陸軍第七師団のキャラクターを演じる。大塚は、師団を乗っ取り、埋蔵金を軍資金に自身を頂点とする軍事政権の樹立を画策する、狂気の情報将校・鶴見中尉役を担当。津田は卓抜した狙撃の腕前をもつが、情勢によって身の振り方を変える狡猾さから「コウモリ野郎」と嘲られる上等兵の尾形百之助役、細谷は東北マタギの出身で、山岳部での生存能力に長けた一等卒の谷垣源次郎役に配されている。

出演決定について、大塚は「いつもいつも、新しいキャラクターに遭遇すると胸がときめきます。どんなセリフをどんな表情でしゃべるんだろう、動きにはどんな特徴があるんだろう、性格はどうなんだろうと考えるだけで興奮してきます。まだキャラクターの設定概要をいただいたばかりなので、想像でしかありませんが、奇矯・残忍・謀略・策謀などなど興味が尽きません。演ずる者としては震い付きたくなるほどの魅力あるキャラクターだと思えます。日露戦争という時代設定も逆に新しく、これは楽しめそうだと期待でいっぱいです」と喜びを語った。

なお、3月24日に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2018」内「ゴールデンカムイ」ステージに、津田が追加登壇することもわかった。同ステージでは、杉元役の小林親弘、アシリパ役の白石晴香、白石由竹役の伊藤健太郎らの出演も決定している。

「ゴールデンカムイ」は4月からTOKYO MXほかで放送開始。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス