50~60年代の北欧ヴィンテージ家具が約150点「クラシックファニチャーコレクション」開催中

TABROOM NEWS

2018/2/7 20:19

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_01 デスクやドレッサーも使い勝手のよいコンパクトなサイズ感

メンテナンスの実演も

2018年1月25日(木)から3月13日(火)まで、東京・新宿の「暮らしのかたち」にて「クラシックファニチャーコレクションーヴィンテージのテーブルを囲んで」が開催されます。

暮らしのかたちは、北欧と日本の家具・日用品を取り扱うインテリアショールーム。本展は、暮らしのかたちの前身「ノルディックフォルム」時代から続く恒例企画で、状態の良いヴィンテージ品が揃うと人気です。今回は北欧デザインの黄金期と言われる1950~60年代に製造された家具約150点が展示販売されます。

半世紀ほど前の品々でありながら、改めてメンテナンスをおこなっているためコンディションは良好。スタッフが毎年デンマークへ買い付けに出かけ、数ある中から日本の住まいに調和するものだけを厳選したそう。特に今回は人気の高い丸型のダイニングテーブル、ネストテーブル、ガラスのキャビネットを多数入荷しています。

店頭では家具のほか、ロイヤルコペンハーゲンなど名窯のイヤープレートも展示され小物類も充実。日本のうつわとのコーディネートも紹介しながらヴィンテージのある暮らしを提案します。

会期中はヴィンテージ家具のメンテナンス実演やYチェアのリペア実演も行われます。ぜひスケジュールをチェックしてお出かけください。

※写真は全てイメージ

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_02
ラウンドの拡張式テーブルは使う人数に応じて使い分けられると人気

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_03
パーソナルチェアやチェストにもヴィンテージならではのデザインが

arround-vintagetable-classicfurniturecollection_04
ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート

クラシックファニチャーコレクションーヴィンテージのテーブルを囲んで
販売期間:2018年1月25日(木)~2018年3月13日(火) 10:30~19:00 ※水曜休館
会場:暮らしのかたち/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE 5F
詳細:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/429

Yチェア リペア実演
オーナー本人による木部のメンテナンス
日時:2018年2月10日(土)

ヴィンテージ家具のメンテナンス実演
日時:2018年2月17日(土)11:30~ / 15:00~

職人によるペーパーコード張り替え
日時:2018年2月24日(土)
Writing:Ruiko Eguchi
Edit:塩見直輔

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス