「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」誕生! おすすめグルメ&おみやげ現地レポート【チョコ好き必見】

ウレぴあ総研

2018/2/7 19:50

もうすぐバレンタイン!! そろそろチョコレートを買い求めて、いろんなお店へお出かけする頃ではないでしょうか?

そんな季節に、横浜中華街にオープンしたばかりの『横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』をご紹介。バレンタインのデートコースにお勧めですよ~♪

■チョコづくし!『横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』

横浜と言えば『中華街』。

毎日観光客が絶えず、賑やかなエリアにある『横浜大世界』の2Fに、出来たてチョコレートを“見て、味わって、体験して、シェアできる”ファクトリー&カフェ一体型チョコレート専門店が誕生しました。

ド派手な入口が特徴的な『横浜大世界』の中央にある階段を上ったところに『横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』はあります。さっそく階段を上ってみましょう。

2Fはちょうど『ベルサイユのばら』のイベント中。イベント会場以外が『横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』になっています。

ミュージアムでは、チョコレートの歴史やカカオの原産国などが学べます。

■本格的なチョコレートファクトリーも窓越しに見学できる

『横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』には、リッツカールトンなどで腕を磨いたシェフ・ショコラティエの山本佳正さんが就任。

ファクトリーでチョコレートを作ったり、体験工房の講師をしてくれたりします。

今までチョコレートを作るところが見られる工場は、予約がないと見学ができないところばかりでしたが、ここに来ればいつでもチョコレートを作っているところを見ることができます。

また見学するだけではなく、転写シートを使用したショコラやバラのカタチのチョコレートつくりなどを体験することができます。作ったチョコレートはお土産で持ち帰ることができますよ☆

■カフェで出来立てのチョコレートを味わおう!!

出来立てフレッシュなチョコレートを味わうことができるカフェも併設されています。

チョコレートドリンクやコーヒーはテイクアウトもOK!!

特におススメなのが、手焼きされたカラフルなメレンゲがかわいい「モンスターチョコレートドリンク」。濃いめに淹れたアイスコーヒーにホイップやチョコレートシロップ、カラメルなどがトッピングされています。

ホットの「プレミアムチョコレートドリンク」は、まったり濃厚なチョコレートの味がたまらない! 寒い日には特におススメです。

■ムービージェニックなデザートにも注目☆

球体のチョコレートに、温かいチョコレートソースをかけて食べるデザート「メルティームーンチョコレート」。

とろろろろろろろろろろろろ~~~~ん!!

あっ!! 穴が開いてきた??

温かいチョコレートソースが球体を溶かして、ポッカリと穴が開きました!!

中からはサクサクホロホロとしたシトロイゼル(クッキーのようなもの)とマスカルポーネチーズが現れました。

かけた温かいソースは、コーヒーテイストチョコレートソースです。

このソースとマスカルポーネが合わさることで、ティラミスのような味わいに!!

サプライズ的なこのスイーツは、季節でいろいろと変わっていくようなのでお楽しみに☆

■横浜で誕生したチョコレートをお土産に!!

もちろん店内ではお土産も購入できます。

「ボンボンショコラ」は“花文字入り”で、中華街らしいデザイン。

新しい横浜土産としても、人気が高まりそうな一品です。

■変わったフレーバーのチョコレートも!!

横浜生まれの『7 seas Chocolate』では、「世界の海=7 seas」に隣接するさまざまな国の食材を織り込んだいたチョコレートも販売しています。

なかには、イタリア産のドライトマトが入ったホワイトチョコレートや、エスニックな「コリアンダー(パクチー)」が織り込まれた、個性的なチョコレートもあります。

コリアンダーのチョコレートは、想像よりも爽やかな味わい。こちらも中華街のお土産としてもお勧め!

■まとめ

いかがでしたか?

次のお休みのお出かけは、大人も子供も“見て、味わって、体験して、『シェアできる”横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム』がお勧めです☆

■【SPOT DATA】

■横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム

住所:〒231-0023 横浜市中区山下町97(横浜中華街・天長門正面)

営業時間:平日10:00~20:30 土日祝10:00~21:00(ラストオーダー:閉店時間の15分前)

・入場無料

・チョコレート作り体験 一人2,500円(税抜)(予約開始は2月上旬を予定)

あなたにおすすめ