1食200円!豆苗ともやしと切り干し大根のご馳走フォー#ヘルシー残業ご飯


最近、野菜の値段が高騰していますね。美容と健康のためにも野菜はとりたいけれど値段が……と躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、野菜の値段高騰の影響を受けにくいもやし、豆苗、切り干し大根を活用した中華風フォーをご紹介します。
豆苗も切り干し大根も栄養満点! カロリーも少ないのでダイエット中の女性も安心ですよ。

豆苗ともやしと切り干し大根のご馳走フォー

タイムスケジュール

タイムスケジュール

豆苗ともやしと切り干し大根の中華風フォー

野菜高騰の影響を受け、注目されている野菜の1つが豆苗です。ほとんどが1パック約100円以内というリーズナブルな価格ですが、乾燥肌の予防や口や鼻、のどに加え胃や腸の健康維持に効果的な「βカロテン」や美肌にかかすことのできないビタミンC、骨の形成を助ける働きのあるビタミンKなどの栄養を豊富に含みます。

普段あまり使っていなかったという人も、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

シャキシャキ感を損なわないためには、さっと調理がポイントです。乾物である切り干し大根も野菜の高騰を受けにくい食材。スープの味を吸って美味しいですよ。

豆苗ともやしと切り干し大根の中華風フォー

<材料>1人分

ライスヌードル 40~50g(なければ素麺やうどんでもOK)
もやし 2分の1袋
豆苗 2分の1袋
切り干し大根 5g(乾燥の状態)
鶏むね肉 50g
塩・コショウ 適宜
ゴマ油 適宜

A
水 400ml
顆粒鶏がらスープの素 大さじ1
すりおろしニンニク 適宜

<作り方>

※事前準備 水で戻すタイプのライスヌードルは、事前に水で戻しておく。(種類によって異なるのでケースバイケースで)

1. 豆苗は根元を切って半分の長さに切る。切り干し大根は水につけて戻す。鶏むね肉は削ぎ切りにして塩、コショウをふっておく。
2. 鍋にゴマ油、鶏むね肉を入れ炒めたら1度とりだしておく。同じ鍋でもやしと豆苗をさっと炒めたら、盛り付けに使う豆苗分を取り出しておく。
3. ライスヌードルとA、水気を切った切り干し大根を入れライスヌードルが戻るまで(表示時間通り)煮込む。最後、塩・コショウで味を整えたら完成。お好みでラー油やすりおろしたショウガなどを入れていただく。

野菜の値段が高騰している時でも、リーズナブルな値段で買える野菜もあります。賢く食べて寒い冬を乗り切りたいですね。

ライタープロフィール

ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵

日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。

【保有資格】

野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター

【参考】
※β(ベータ)カロテン – わかさの秘密
※スゴイ!豆苗の栄養価 – 村上農園

あなたにおすすめ