最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

佐藤健、『8年越しの花嫁』大ヒットでスタイリッシュに初"逆チョコ"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の佐藤健が7日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット舞台挨拶に登場した。

同作はYouTubeに投稿された動画をきっかけに「奇跡の結婚式」として数多くのメディアに取り上げられた実話をベースに、『64 ロクヨン前・後編』(16年)などで知られる瀬々敬久監督がメガホンを取る。結婚式を間近に控えながら原因不明の病で昏睡状態となってしまった麻衣(土屋太鳳)と、諦めずに回復を祈り続けた尚志(佐藤)の姿を描く。昨年の12月16日に公開されて以来話題を呼び、興行収入が25億円を突破する大ヒットとなった。

客席から登場した佐藤は「おめでとうと、声をかけてくれるような舞台挨拶は初めてです。嬉しかったです。ちょっと感動しちゃいました」とはにかむ。同作で日本アカデミー賞優秀主演男優賞も受賞したが、「役者の力はちっぽけなものだと思っていて、どんなクリエイターの皆さんと仕事ができるかで、生かされもするし、その逆も然りと思ってます」と真摯に語り、「賞をいただいた要因のほとんどは監督のおかげだなと、謙遜ではなく思っています」と感謝の心を表した。また、土屋も優秀主演女優賞を受賞する"W受賞"となったが「賞をとっても何も驚かないような、力を持っている女優さんだと思っていた」と明かした。

イベントでは大ヒット、そして受賞の感謝の気持ちを込めて、佐藤自ら、ハートのチョコレートにクリームで感謝の言葉を記した。体勢の辛さにぼやく佐藤だったが、観客からはザワザワと「スタイリッシュすぎる……」という声が上がっていた。

さらに会場の中から1名抽選で、佐藤から"逆チョコ"のプレゼント。初の逆チョコに「いやあ、いいもんですね」と笑顔を見せたが、今後は「しないでしょうね」と一刀両断。自身のバレンタインについては「女性にとってプレッシャーだろうなって思うから、毎回『くれなくて、大丈夫だからね』って言います」と気配りを見せた。

理想のチョコの渡し方は「下駄箱っすよ。憧れですね、一番」と明かし、「甘酸っぱい学生ライフを送ってこなかったので、憧れがすごくあります」としみじみ。「誰にも知られてなかったんですよ、存在を。くらーいやつで。授業も全部寝てるし、休み時間も席から動かないし」と意外な学生生活を振り返り、「もったいないなあって。今もう1回戻れるなら、楽しくエンジョイしたいなと思います」と語った。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス