最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.16『支那麺はしご』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻薬的な魅力で定期的に足を運んでしまうのはきっと僕だけじゃないはず。「支那麺はしご銀座八丁目店」。

東京メトロ銀座線新橋駅の1番出口から徒歩4分ほどのこちらは、銀座6丁目に本店を構える名物『だんだんめん』で有名な「支那麺はしご」の支店となります。

『だんだんめん』とはいわゆる担々麺のことなのですが、他所では食べることができない、独特で癖になる味わいが魅力です。そんな一杯を求めて、うなぎの寝床の店内に並ぶカウンター18席はランチタイムともなれば常に満席。平日は深夜まで営業しているので、締めの一杯としても重宝されているようです。

メニューは『だんだんめん』を筆頭に芝麻醬(ごまペースト)なしの『支那麺』、酸味の効いた『酸紅麺』、他にも冷やし麺、餃子、焼売など。

今回は豚あばら肉を揚げた排骨をトッピングした『ぱいこうだんだんめん』をオーダーしました。なお、薬味のネギ、柚子の皮は増量可能ですので多めで、辛さ増しも中辛・大辛・激辛から指定できるので中辛でお願いしました。

また、ライスが無料サービスとなっており、注文時に有無を聞かれますのでこちらもお願いしました。

しばらくして到着。

具は排骨、青梗菜、ネギ、柚子の皮。

麺は長浜ラーメンのように極細。コシのある素麺のような味わいで、つるっと喉越しも良いものです。

担々麺のスープといえばクリーミーでごまの風味が支配的なタイプが主流かと思いますが、こちらは芝麻醬の量が少ないためか、粘度のない醤油味のシャバシャバ系です。表層に浮いた辣油なのか、はたまた芝麻醬かタレなのか、由来は不明ですが、独特の風味があります。毎日欲するものではありませんが、しばらくたつと妙に食べたくなる、謎の常習性があります。

無料サービスのライスです。

もちろん排骨丼にします。

卓上のたくわん細切りです。どうでもいい情報ですが、高知の東洋園芸食品さんが製造している『龍馬たくわん』というものらしいです。

排骨丼たくわん細切り添えが完成しました。排骨はほんのりカレー風味が効いており、細切りたくわんと一緒に掻っ込めば至福の美味さです。

ごちそうさまでした!

店名:支那麺はしご 銀座八丁目店
住所:東京都中央区銀座8-10-7 東成ビル1F
最寄り駅:新橋駅
営業時間:平日11:00-翌5:00
土曜日11:00-21:00
祝日11:00-20:00
定休日:日曜日


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス