鉄板を利用した中華料理

ぐるなび

2018/2/7 16:10

2月6日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、中華に和や洋ののエッセンスを取り入れた新感覚の中華料理を提供する店が増えているという話題で、「遊猿」(東京都新宿区)が紹介された。同店は、地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅 から徒歩5分ほどにある、杉の木をふんだんに使用した内装の鉄板中華のお店。

「カキの鉄板豆鼓炒め」(2,138円)は、店内に設置された鉄板で蒸し焼きにしたカキと野菜を合わせた1皿。鉄板は中心ほど温度が高く、際に行くほど温度が下がるという特製を生かして、カキを蒸し焼きにし、野菜は外側でじっくりと焼き上げ、それぞれの食材の味と食感を引き出す。味付けは豆鼓、自家製のオイスターソース等で仕上げている。
出来たてをいただいた高橋若菜さんは「甘辛いタレにピリッとした辛さがいいアクセントになっています。それぞれの食材にちょうどよく熱が入っているので、食感が本当に楽しいです」と絶賛だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ