中華料理とイタリア料理を合わせたメニューが楽しめるお店

ぐるなび

2018/2/7 16:10

2月6日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、中華に和や洋ののエッセンスを取り入れた新感覚の中華料理を提供する店が増えている話題で、「チャ”伊”ナバル」(神奈川県横浜市港北区)が紹介された。

横浜市営地下鉄・新横浜駅の8番出口から4分ほど歩いたところにある同店は、中華料理とイタリア料理を組み合わせたメニューがいただけるお店で、中華料理とイタリア料理を修行したオーナーが両方を混ぜたらおいしいと思い始めたとのこと。

お店の名物として紹介された「トマトとチーズの回鍋肉」(918円/税込み)は、キャベツと豚肉を使った回鍋肉をアレンジしてイタリア料理の味付けでつくった一品。「トマトとチーズの回鍋肉」を食したお客さん達は「チーズが入っているからなのか、ワインとかにも合うのかなって」「チーズとトマトが多かった。(中華より)イタリアンの方が強いのかな」とコメントしていた。

次にお店の看板メニューとして「アーリオオーリオ青椒肉絲」(918円/税込み)を紹介。食材には細切りにした豚肉、ピーマン、パプリカ、たけのこなどを使用し、中華鍋にオリーブ油、ニンニク、鷹の爪、イタリア産の白ワインを入れ、具材に味を染み込ませたらバジルをたっぷりと加えてイタリアテイストに仕上げた一品だ。

お店では今後も、さらなる新メニューの開発をしていくのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ