最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

遠野なぎこ、話題の曲『あたしおかあさんだから』に涙 尾木ママも問題点を指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の遠野なぎこが、6日に自身のアメブロを更新、教育番組『おかあさんといっしょ』で11代目“うたのおにいさん”を務めていた横山だいすけが歌う『あたしおかあさんだから』の歌詞について思いをつづった。

遠野なぎこオフィシャルブログより

『あたしおかあさんだから』の歌詞は、絵本作家ののぶみさんが担当。自分より子どもを優先する様子がつづられていることから、母親の自己犠牲を美化し過ぎとの批判が寄せられている。

ブログの冒頭で、ワイドショー『バラいろダンディ』(TOKYO MX)の生放送で泣いてしまったことをつづった遠野。楽屋に入って、『あたし、おかあさんだから』の歌詞を読んで…堪えて。打ち合わせで、『あたし、おかあさんだから』に対しての感想を聞かれ…何とか堪えて。本番で感想を聞かれ、やっぱり感情が抑えきれなくなり…我慢できずに泣いてしまった」と明かした。

遠野は「賛否の声がある事は、理解は出来ます」としたうえで、「だけどさ、やっぱり私にとっては『あたし、おかあさんだから』の歌詞のような“お母さん像”が理想なんだ」と吐露。「年齢や仕事のタイミング的に、私がこの先“お母さん”になるのは中々難しいかもしれないけれど、でも…いや、だからなのかな。とても心に響きました」と素直につづった。遠野は『一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ』というタイトルの自叙伝も執筆しており、母親と複雑な関係にあったことを公表している。

『あたしおかあさんだから』については、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏も6日にブログで言及。「全てを子どもの為にと我慢 我慢の生活を送っている」「子育て中の歌なのに【お父さん】は一度も登場しない」などの問題点を挙げ、子どもの側としても「おかあさんに大犠牲払わせてる自分に苦しくならないでしょうか?とつづり、「排除するのではなくて 子どもたちのこと考えながら 子育ての苦労や喜び ママとパパ 社会的サポート 議論し合えるといいですね」と述べている。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス