最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『孤狼の血』ヤクザ役で新境地!中村倫也の狂犬っぷり溢れる場面写真が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 役所広司が主演を務め、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンをとる映画『孤狼の血』(2018年5月12日公開)より、中村倫也演じる尾谷組構成員、永川恭二の新場面写真が解禁となった。

 中村が本作で演じる永川は、役所演じる大上章吾に、にらみを利かせるほど血気盛んな若者。白石監督曰く、まさしく「狂犬」であるという永川だが、中村自身は「アウトローなりの正義」感を持つと語るキャラクターだ。


 ギラついた目で拳銃を携えた姿をおさめた写真や、電話ボックスの中でタバコを吸う場面写真はまさにアウトローな雰囲気がプンプン!幅広い役柄を演じ、時にはその“怪演”も話題になる中村だが、自身も「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」と語るほど、本人にとって新境地となっている氷川役。「男の世界」に身を浸し、新たな魅力たっぷりのその姿に注目だ!

ストーリー

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し...。

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス