中村倫也の狂犬ぶりを一挙公開! 映画『孤狼の血』から場面写真を解禁

SPICE

2018/2/7 12:00


5月12日公開の映画『孤狼の血』から、中村倫也の劇中での姿をとらえた場面写真が解禁された。

『孤狼の血』は、第69回日本推理作家協会賞を受賞し、第154回直木賞候補作ともなった柚月氏の同名小説の映画化作品。『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』の大ファンである柚月氏が昭和の広島を舞台にし、捜査のためなら違法行為も厭わない孤高のマル暴刑事・大上章吾(役所広司)と、その相棒の新米刑事・日岡秀一(松坂桃李)がある失踪事件を機に、暴力団同士の抗争に挑む姿を描く。映画『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンをとる。

今回解禁されたのは、中村倫也が演じた尾谷組構成員・永川恭二の場面写真。永川は、役所広司演じる大上刑事に、にらみを利かせるほど血気盛んな若者。白石監督によれば、「狂犬」ともいうべき人物だという。
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会
(C)2018「孤狼の血」製作委員会

場面写真では、特報映像にも収められていた、拳銃を構える姿や、その直前と思われる銃を見つめるようす、さらには、電話ボックスの中でやさぐれたようにタバコをふかすカットなどが公開されている。さまざまな役柄を演じてきた中村だが、今回の役柄については、“アウトローなりの正義”を持つキャラクターであるとしながらも、「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」と語っている。果たして、永川は劇中でどんな活躍を見せるのか。


映画『孤狼の血』は5月12日(土)ロードショー。
作品情報 映画『孤狼の血』
キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
公式サイト:http://www.korou.jp/
(C)2018「孤狼の血」製作委員会

あなたにおすすめ