【本当は怖くないネット婚活】結婚に向けて、何から始める? 会うまで虎の巻

ホンネスト

2018/2/7 12:01


婚活、そして結婚に悩みを抱える30代、40代の男性に読んでもらいたい、ネット婚活&婚活サイト攻略マニュアル。「俺は婚活サイトでも中身で勝負」「俺の内面の良さを分かってるくれる子と結婚したい!」。そんな期待と決意を抱いてネット婚活をはじめる男性諸君。1つはっきり言っておこう。「見た目は重要」だ。特に婚活サイトで結婚相手を探す場合は。

f:id:yuio1o3:20180122090500p:plain
婚活サイトの最初にして最大の難関

婚活サイトでの活動の第一歩にして、最大の難関となるのが「プロフィール写真」だ。この善しあしが、結婚の成否を分かつといっても過言ではない。自己紹介文にどんなに良いアピールをしたためたとしても、読んでもらえなければ意味がない。

「人は見た目が9割」。誰が言い出したか知らないが、つらい現実を突きつけるナイフのような言葉だ。だが、婚活サイトのプロフィール写真では、イケメンかブサイクかなんて関係ない。大切なのは清潔感はあるか、性格は良さそうか、笑顔は優しそうか。

雰囲気が伝わる写真は、結婚したい女性が相手に興味を持つためのとても大きな判断材料になる。女性だって一生をともに過ごす結婚相手を探しているワケだ。写真から得られる印象から相手の性格を推測し、自分と合いそうかとか、楽しい結婚生活を送れそうかとかを真剣に考えている。

「自分の写真なんてどれがいいのか」。その気持ち、よく分かる。だから、何パターンか撮影して、誰かに選んでもらえばいい。自分の中では良かれと思って作った表情が、第三者から見ると「無駄にカッコつけている」「自意識高そう」「魅力が全然伝わってこない」となるのは、婚活サイトあるあるの1つだ。

素の姿を良く知っていて、何が魅力的なのかを理解している家族や友人の意見を取り入れるべきだ。まだ見ぬ未来の結婚相手に選んでもらうための写真だ。他人が実際に選んだ写真の方がいいに決まってる。

当然だが、服装や髪形がだらしないとか、写真がピンボケとかは論外。無表情や暗そうな印象を与える写真も避けるべきだ。そこで婚活写真の撮影を専門とする写真スタジオを使うのも1つの手。値は張るが、プロが被写体の魅力を引き出し、婚活に最も効果的な写真を選んでくれる。

ただし、プロが撮影したからといって身分証明書用に撮ったものを流用するのはやめておこう。一発で使いまわしがバレて、「あれ、この人、真剣に結婚しようと思っているのかな」と思われてしまう。婚活サイト用に「撮りおろし」を用意するくらいの誠意を見せてくれ。
ネット婚活、どんなメッセージを送ればいいか分からない?

ここで、婚活サイト利用時の流れを簡単に説明しよう。まずは、女性のプロフィールを読んで、自分に合いそうな相手にアプローチをする。「い、いきなりかっ」と身構えないでほしい。アプローチしただけで出会えるわけじゃない。婚活サイトによってアプローチした相手との「マッチング」が行われる。彼女にだって結婚に求める条件はある。

マッチングが成立したら、次はメッセージのやりとりだ。婚活サイトでは、やりとりを重ねる中で相手の性格や自分との相性を数週間から1カ月程度かけて判断し、双方が合意すればデートに至る。

「結婚という生涯を左右する一大イベントだから」と、時間をかけて真剣かつ慎重に話を進めたい人もいるだろう。ネット婚活ではNGだ。もとより結婚したいという明確な目的を持った人が集まっている婚活サイトだ。「この人は私と会う気はないの?」と見限られてしまう。

「どう誘えばいいか分からない」。確かに悩ましい問題だ。相手と共通の趣味があれば、「一緒に○○しない?」と誘ってみるのがベスト。それが見つからなければ、「休みの日は何をしているの?」「平日は仕事で忙しい?」と質問を繰り出して距離感を探ってみよう。積極的な返事があれば相手も乗り気だと思えるし、共通の話題が見つかるかもしれない。

ただし、質問攻めにしてプレッシャーを与えないこと。それから、聞かれてもいないのに自分語りを続けないこと。「今すぐではないけど、会いたいかも」と思っている女性に対してガツガツと距離を詰めるのは逆効果だ。ネットでやりとりをする婚活サイトといえど恋愛ゲームじゃない。相手のリアクションを見て、その気持ちを考えながらコミュニケーションすることが重要だ。
婚活サイトって同時に複数の女性と会って良いの?

f:id:yuio1o3:20180122090353p:plain

「複数の女性から連絡がきた。並行して連絡してもいい?」。これも婚活サイトあるあるの1つだ。答えはOK、何ら問題ない。むしろネット婚活を成功に導くためには、1人だけにアプローチするよりも何人かとメッセージをやりとりしたり、会ってみたりすることが重要だ。

婚活サイトでは相手に断られることも多く、会えたからといって結婚とはならない。本気で結婚相手を探したいのであれば、同時進行でやりとりをするしたたかさも必要だ。ただし、人数は2~4人がベスト。これより多いと相手をおざなりにしたり、話を混同したりというリスクがある。

当たり前だが、結婚に向けて話が進んだら、1人だけとお付き合いすること。結婚したいと思える相手に出会えたのだから大切にしたい。婚活を真剣に考える諸君の健闘を祈る。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス