最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【本当は怖くないネット婚活】婚活サイトって実際どう? 不安だらけの「ネット婚活」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSに流れる幸せそうな写真を見て「結婚したい」と感じる男性は多いらしい。結婚願望はあれど、仕事は忙しく出会いがない。「どこで結婚相手と出会えばいいんだ!」「でもネット婚活って怪しくない?」

婚活、そして結婚に悩みを抱える30~40代の男性に読んでほしい婚活サイト攻略マニュアル。前編では、結婚やネット婚活の現実をデータを使って分かりやすく解説しよう。大丈夫、婚活への不安や疑問はみんな抱えている!

f:id:yuio1o3:20180122084706p:plain
9組に1組が婚活で結婚する時代、でもネット婚活って怪しくない?

結婚したいが、婚活なんて自分にはムリ、ダマされて終わりと不安でたまらない諸君。本気で結婚したいなら、まずは何としてでも女性と出会わなきゃダメだ。だから使えるものは、何でも使え。

今や婚活サイトの利用は当たり前。何と「2016年に結婚した人のおよそ9組に1組に当たる11.3%が婚活サービスで相手を見つけている」し、「婚活をして結婚にいたった人の約17.2%が婚活サイト・アプリを利用している」(「婚活実態調査2017」リクルートブライダル総研調べ)のだ。しかも、この数字は右肩上がりで伸びている。

最近では、スマホで婚活して、結婚する人も増えた。なぜならば「出会いを探して、恋に落ちて、付き合って、そこから結婚の意思を確認する」という昔ながらのやり方よりも、「最初から結婚を視野に入れた相手と出会える婚活サイトの方が効率いい」と考える男女が一定数いるからだ。

このようなWebコラムで、「ネット婚活はいいぞ~」なんて書いたところで懐疑的なことは理解できる。ネットで結婚相手を探すとなると「出会い系サイト」が頭をよぎる人も多いだろう。「結婚できるかも?」と思った相手はサクラで、結婚できぬまま高額な利用料金だけが請求されていく。

でも、それは想像力が豊か過ぎるってもの。多くの婚活サイトでは、入会希望者が結婚をどれだけ真剣に考えているのかをチェック済み。冷静になって考えてみれば、ビジネスとして婚活サイトを運営する以上、「あそこは出会い系だぜ」なんてレッテルを貼られるワケにはいかないからな。
安心して使える婚活サイトの選び方

だが、婚活サイトにかたっぱしから登録するのは下策だ。どんな業界でも「怪しい会社」は存在する。だからこそ、運営会社がどこなのかをしっかりと確認することが婚活サイト選びの大前提だ。ぽっと出の新興サービスよりも名前の通った老舗を選ぶとか、プライバシーマークを取得しているかどうかとか。これは、婚活サイトに限った話でもない。

最近では、趣味嗜好やライフスタイルに特化した婚活サイトもある。例えば、「オタク同士」の婚活に特化したコースもある婚活サイトでは、どんなゲームや漫画、アニメが好きなのかといったことを聞かれる。これにより好きな声優が同じ人とか、BLに理解がある人とか、自分と趣味嗜好の合う結婚相手を出会えるチャンスが増える。婚活は結婚することがゴールではなく、その後の結婚生活も見据えなければならない。

今どきのネット婚活事情について駆け足の説明になってしまった。婚活サイトへの不安を解消できるように、もう少しありがちな疑問に答えていこう。
婚活サイトって無料で使える?

「婚活サイトは女性だけ無料」というのは誤解だ。ほとんどの婚活サイトでは、男性も無料で婚活を始められる。

婚活サイトの多くは、最初の会員登録とプロフィール閲覧までは男性も女性も無料。その後、結婚を希望する相手にアプローチするところまでとか、お互いにやりとりするメッセージの一部までとか、婚活サイトによって無料でできる範囲が異なる。

ただし、「無料」を全面に打ち出している婚活サイトは要注意。気軽に婚活を始められる半面、結婚へのモチベーションが低い人も登録しやすい。やりとりを始めてから「あれ、この人結婚する気ないのかな?」とがっかりするケースは切ない。本気で結婚したいならば、ある程度の出費を覚悟すべし。
「コミュ障」だけど婚活を始められる?

f:id:yuio1o3:20180122084711p:plain

婚活サイトは、他の結婚相談サービスと比べて費用が抑えられたり、スキマ時間を使って婚活を進められたりといったメリットがある。相手とメッセージをやりとりしてからデートに至るため、その過程で相手のキャラクターや考え方を知ることもできる。1人5~10分程度しか話ができないお見合いパーティーなどと比べると結婚の成功率が高まる。

ただし、婚活サイトでは、自分から積極的に相手へのコンタクトを取らなければならない。これが負担に思える人や、アプローチからデートに至るまでのコミュニケーションのための時間がない人は結婚相談所を選んだ方がいい。結婚相談所であれば、マッチングや相手への連絡はコーディネーターにお任せできる。
婚活サイトで本当に結婚できるの?

もっともな疑問であり、不安な点だろう。だが、「婚活実態調査2017」(リクルートブライダル総研調べ)によれば、2016年に結婚した人の39.4%が何らかの婚活サービスを利用した経験がある。冒頭でも述べたが、婚活サイトやアプリに絞ってみると17.2%という数字だ。これは2013年から6.2ポイントも伸びている。婚活サイトを使ったネット婚活による結婚は、これからもどんどん伸びていくだろう。

外部リンク(ホンネスト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス