最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

iOS 11.3のバッテリー診断機能、詳細が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

今春リリース予定の大型アップデートiOS 11.3。

本日未明に開発者向けの「iOS 11.3 beta2」がリリースされ、注目機能である「バッテリー診断」の詳細が明らかになりましたよ!

iPhoneのバッテリーの状態が分かるように


大きな騒動となったiPhoneのバッテリー問題(詳しくはこちら)。

世界各国で訴訟を起こされている事態を重く見てか、Appleは「iPhoneの性能を低下させるかさせないか」ユーザーに選択肢を与えることにしました。

その機能がiOS 11.3で搭載されると言われていたのですが、本日開発者向けにリリースされたベータ版で詳細が明らかになりましたよ。



iPhoneの設定アプリ内にある「バッテリー」に、「バッテリーの状態」という項目が追加されています。



そしてこの「バッテリーの状態」をタップすると、
  1. バッテリーの最大容量
  2. ピークパフォーマンス性能

という2つの項目が表示されます。



それぞれ何ができるかというと、「1. バッテリーの最大容量」では、新品の時と比較した今のバッテリー容量が表示されるように。

新品時はもちろん100%ですが、iPhoneのリチウムイオンバッテリーは充電と放電を繰り返すと段々と最大容量が減り、フル充電のサイクルを500回繰り返すと最大容量が80%になると言われています。

そろそろバッテリーを交換した方がいいかな?という目安として便利に使えそうな項目ですね。



そして「2. ピークパフォーマンス性能」ですが、これが「iPhoneの性能を低下させるかさせないか」を設定できる項目となっているようです。

ただしこの機能を使うにはちょっとした条件が。

そもそもiPhoneの性能を低下させるというのはバッテリーが劣化した場合にとられる措置で、バッテリーに問題がなければ突然シャットダウンすることもないですし、性能を低下させる必要もありません。

そのため、バッテリーに問題がない状態のときには「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示され、iPhoneの性能を低下させるかさせないかの選択肢は出てきません。



選択肢が表示されるのは、バッテリーが劣化し、さらに突然のシャットダウンが起きた場合。

突然のシャットダウンが発生したあとに、

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

というメッセージが表示され、「無効にする」を選ぶと性能を低下させない(ただし突然のシャットダウンが起きる可能性あり→無効後にシャットダウンが発生すると、再度自動で有効になる)にできるようです。



またこの項目には他にも、
  • この iPhone では、バッテリーの状態を判定できません→バッテリー部品が不明である場合等
  • お使いのバッテリーは著しく劣化しています→バッテリー交換した方がいいかも

といったメッセージが表示される場合があるそうですよ。

※ちなみにこの機能が適用されるのはiPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone 7/7 Plusとなっています



機能の仕様を見ると、Appleは「無効にする」を推奨していないけど、「ユーザーに選ばせろ!」という声に対応するために仕方なく…という感じがひしひしと伝わってきますね…w

なんにせよ、iPhoneのバッテリー状況が分かるようになるのは有り難いもの。iOS 11.3のリリースが楽しみです!

外部リンク(かみあぷ速報)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス