最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

冬の絶景!凍った海の上を歩ける日本のウユニ塩湖「野付湾」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年からずっと行きたかった場所に、先日ついに行ってきた。それが北海道別海町にある野付湾(のつけわん)。なんと海の上を歩けるのだ。


海の上を歩ける……というのは比喩ではない。野付湾は、北海道東部の別海町にある野付半島の内側の海。水深が2~5メートルと浅く、1月下旬~3月中旬の厳冬期には一面が結氷し、その上に雪が積もって一面の白い世界を作り出すのだという。

野付半島の幅は狭いところで約50メートル


野付半島へのアクセスは首都圏から行くなら、飛行機で根室中標津空港へ飛ぶのが早い。羽田空港からは1日1便、新千歳空港からは1日3便が飛んでいる。そこから野付半島までは車で約50分、約40kmの距離だ。

今回は札幌経由で行った。初日は極寒の摩周湖や屈斜路湖を巡り、野付半島からほどちかい尾岱沼(おだいとう)温泉に宿をとった。

翌朝、いざ野付半島へ。野付半島は日本最大の砂嘴(さし)、すなわち砂が堆積してできた半島であり、全長26km。最も狭いところは幅が約50メートルしかなく、カーナビが示す道も細すぎて不安になるほど。


両側に海が見えるので、「北の天橋立」と呼ばれることもあるのだとか。


240種類以上の野鳥が見られるそうで、冬は天然記念物のオオワシもくる。


鳥のほかにはエゾシカやキツネもいた。


見えるのは水平線ではなく、氷平線(ひょうへいせん)


海の上を歩くには、ガイドの同行が必要だ。今回は野付半島ネイチャーセンターで実施している「トドワラ・氷平線(ひょうへいせん)ウォークツアー」に参加。なお、トドワラとは、海水に浸食され風化したトドマツの木が並んでいる場所のこと。


ツアーは2時間で約3kmを歩く。通常はスノーシューを履くのだが、今冬は昨年に比べて1メートル以上も積雪が少ないそうで、この日は履かずに出発。まずは夏に遊歩道になっているところを歩いて「トドワラ」へ向かう。


この時点で歩いているのは海の上ではないが、周囲に広がるのは一面の白い世界。日本とは思えない圧倒的なスケール感にテンションは上がり、マイナス6℃の寒さもまったく気にならなかった。






いざ凍った海の上を歩く!
ツアー後半、いよいよ海の上へ! 海の上を歩けるかは結氷具合によるが、今年は暖かい日が多く氷が薄い状態が続いていたため、私が訪れた1月28日が今年初めて海の上を歩けた日だったそう。


一見すると単なる雪の上を歩いているような気もするが、雪を舐めてみるとしょっぱくて海の上だと実感する。さらに、ところどころ氷が割れていたり、たまにミシッなんて音がするもんだから、思わずガイドさんに「これまで落ちた人は?」と聞くと、「いませんよ。そのために私たちが案内しているんです」と笑って答えてくれたので安心した。安全のために日々スノーモービルで走って雪の厚みを確認しているそうだ。


ウォークツアーではトリックフォトも人気


どこまでも続く白い世界では、遠近感を利用してトリック写真も撮り放題。ガイドさんがミカンやコップなどの小道具も用意してくれていたので、かなり楽しめた。


野付半島ネイチャーセンターの方に話を聞くと、以前からトドワラへ行きたい人のために「冬のトドワラ往復コース」というものはあり、帰りに氷の上も歩いていたそう。ただ、近ごろはメインがトドワラから氷の上を歩くことに変わってきたため、今シーズンからコース名も変えたとのこと。

この野付湾、日本のウユニ塩湖としてSNSなどでじわじわと認知度は上昇中。ツアーへの参加者は東京など関東圏が多いそうだが、今年は香港や韓国、シンガポールなど海外の人の申し込みもあるそう。とはいえ、北海道のなかでも最果て感の強いこの地。ツアーは土日は混むものの、平日は参加者ゼロの日もあるという。

まるで海外のような絶景に目も心も奪われる野付湾の氷平線ウォーク。ぜひ一度体験してみては。
(古屋江美子)

外部リンク(Excite Bit コネタ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス