これがGalaxy S9/S9+か? 高画質レンダリング画像が流出

20180206ns91
Image: Evan Blass/Twitter

高完成度だけど、驚きは…?

2018年2月25日(現地時間)、スペインのバルセロナで行なわれるイベントで発表予定の、Samsung(サムスン)のフラッグシップスマートフォン「Galaxy S9/S9+」。こちらのほぼ完成版とも思える、高画質なレンダリングらしき画像が流出しています。

リーク情報でおなじみのTwitterアカウント、Evan Blassが掲載した画像からは、Galaxy S9/S9+の表裏、それにサイドまでのデザインがまるっとひと目でわかります。ホームボタンなしのベゼルレスディスプレイに下方へと移動した指紋センサー、主張強めなサイドフレームなど、その本体は現行モデル「Galaxy S8」に小改良を施したような印象です。
20180206ns92
Image: Evan Blass/Twitter

こちらは大画面モデルとなるGalaxy S9+。Galaxy S9やGalaxy S8+との最大の違いは、背面にデュアルカメラを搭載していることでしょう。また事前情報では、Galaxy S9+ではRAM容量も6GBに強化されるとされています。

Galaxy S9/S9+ではイベントのディザー画像からも、カメラ性能にかなりこだわったスマートフォンになる予定です。韓国語サイトのetnewsによれば、Galaxy S9は絞りをF1.5からF2.4の間で変更可能なんだとか…。また、Galaxy S9+のカメラもF1.5とF2.4の明るいレンズを搭載しているそうです。



そして楽しみなのは、虹彩認証と顔認証を組み合わせたIntelligent Scanという新しい生体認証方式が利用できるようになること。こちらも実現すれば、iPhone XのFace IDにどれだけ迫る性能となるのか気になりますね!

Image: Evan Blass/Twitter
Source: Evan Blass/Twitter via MacRumors, etnews

(塚本直樹)

あなたにおすすめ