最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鶏もも肉のからあげが安くなるかも!? いま鶏肉の値段に起きている異変とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、健康志向の高まりにより、ビタミン豊富で脂肪が少ないヘルシーフードとして、鶏むね肉に注目が集まっています。特売時には100g当たり50円を切ることもあるほど安価なこともあり、2017年は空前の鶏むね肉ブームに。

高栄養で家計に優しい鶏むね肉ですが、皮肉なことに需要が急に増えたことが原因で、徐々に価格が上ってきているのです。

■ 鶏むね肉が安いのは日本だけ?

同じ鶏肉のもも肉とむね肉に価格差があるのは、単純にもも肉の方が人気があるからです。日本では、柔らかく油の多い肉を好む傾向があり、パサパサしがちなむね肉よりもジューシーなもも肉の方が昔からよく食べられてきました。

ところが欧米では、鶏むね肉は高級品として扱われており、スーパーでは、もも肉の2倍以上の値段が付けられていることもあります。アメリカやイギリスなどでは、あまり脂肪の多い肉は好まれず、ヘルシーなむね肉の方がよく売れます。日本とは、完全に価格が逆転しているのです。

■ 卸売価格は、昨年の1.5割増

独立行政法人農畜産業振興機構(alic)によると、2017年11月の鶏むね肉の卸売価格は1kg辺り322円で、前年の同じ月より14.6%上がっており、10ヶ月連続で前年同月を上回っています。一方、もも肉は1kg辺り622円と、むね肉よりも圧倒的に高値ですが、前年同月比は-5.6%で、5ヶ月連続で下回っています。

もも肉とむね肉の価格差はまだまだ大きいですが、このままむね肉ブームが続けば、欧米のように日本でも、もも肉とむね肉の価値が逆転するかもしれません。みんなが大好きなからあげも、人気のあるもも肉のからあげが、むね肉のからあげよりも安くなるなんて日が……?

ちょっと気が早いかもしれませんが、庶民の味方だったはずのむね肉が、日本でも高級品となる可能性もゼロではありません。今年もむね肉ブームが続くのか、お値段と比較しながら注目してみるのも面白いかもしれませんね。

■ 【関連レシピ】むね肉のチキンカツ

今はまだまだ、むね肉の方がお手頃価格。外はサクサク、中はしっとりのチキンカツはいかがですか?

<材料>(2人分)

とりむね肉…小2枚(約400g)

キャベツ…3枚

ころも

・小麦粉…適量

・卵液

・卵…1個

・塩…小さじ1/3

・生パン粉…適量

・揚げ油、とんかつソース

<作り方>

1.とり肉は室温にもどす。キャベツはせん切りにする。

2.ころもの小麦粉はふるい、卵液の材料は溶き混ぜる。とり肉にころもを小麦粉、卵液、パン粉の順につける。

3.多めの揚げ油を低温(140~150℃)に熱し、2を入れる。途中、さわらないようにして7~8分揚げ、八分通り火を通す。取り出してバットに立てて置き、4~5分おいて余熱で火を通す。

4.食べやすい大きさに切り、1のキャベツとともに器に盛り、ソース適量をかける。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/136410/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス