亀梨和也と藤木直人の直接対決は「美の飽和状態」 『FINAL CUT』第5話

 KAT-TUNの亀梨和也が主演を務めるドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が6日放送され、クライマックスで亀梨と藤木直人の直接対決シーンが登場すると、SNS上には「イケメン対決!」「美の飽和状態」などの視聴者の声が殺到した。

【写真】「橋本環奈」フォトギャラリー

『FINAL CUT』は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いし死へと追い込んだマスコミへの復讐を誓う青年を主人公に、彼が身元を隠しながら報道番組関係者や事件の鍵を握る姉妹へ近づく姿を描く。

第5話は、慶介(亀梨)が別人を装って接触していた雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)姉妹と鉢合わせするシーンからスタート。慶介にとって絶体絶命の窮地だったが、雪子のとっさの機転により慶介の正体がバレることは回避される。

12年前、なぜ警察発表より先に百々瀬(藤木)は慶介の母・恭子(裕木奈江)を犯人と断じたのか。それを探るため慶介は百々瀬の行動や経歴を洗い始める。その矢先、情報番組『ザ・プレミアワイド』が好評企画の第2弾を突然中止したとの情報が入る。百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は、番組プロデューサーの井出(杉本哲太)に揺さぶりをかける。翌日、百々瀬が井出と共に出席した会食の場に同席していたのは、慶介の警察の上司・高田(佐々木蔵之介)だった。慶介はついに百々瀬と対峙し、人気司会者の弱点を突きつける。

ついに実現した慶介と百々瀬の直接対決。藤木演じる百々瀬のふてぶてしい態度や少々の事では動じない姿に、「百々瀬は正統派の悪役」「憎々しい」「なんかラスボス感ある」などの声がSNS上に投稿された。さらに慶介が掴んだ百々瀬の弱点を、百々瀬の耳元でささやくシーンが登場すると「“藤木直人に耳打ちする亀梨和也”って画面が美の飽和状態」「美vs美」「イケメン対決に心が踊る!」などの反響が巻き起こった。

さらにこのドラマでは亀梨が警察官、サラリーマン、教師など様々な職業に変身するのも見どころの一つ。第5話では『ザ・プレミアワイド』の取材に協力したことで会社を懲戒解雇になった男を救うために社労士に変身。スーツにメガネ姿で画面に登場するとSNS上では「え!新キャラ!?」「慶介やっぱイケメンすぎる」「こんなカッコいい社労士いたら大変」などの声も投稿されていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス