最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

イライラしたらどうすればいい?「アンガーマネジメント」で“怒り”をコントロール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イライラしたり、怒りを覚えたりする自分をコントロールしたいと思い、怒りの心理学「アンガーマネジメント」に興味を持つ人が多くみられるようです。アンガーマネジメントは、怒りという感情との付き合い方のこと。1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合うための、感情理解教育プログラムのことなんです。

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会代表理事である安藤俊介さんの著書「アンガーマネジメント入門」(朝日新聞出版刊)によると、アンガーマネジメントとは、怒りそのものを否定するのではなく、どうでもいいことで怒らない技術や、後から後悔するようなことで怒らない技術のことを指すのだそう。怒りは無駄なものではなく、プラスに生かす、という方向性を持つものなんだとか。

また、日本アンガーマネジメント協会理事である戸田久実さんの「アンガーマネジメント 怒らない伝え方」(かんき出版刊)では、感情をうまく伝えられる人の5つの法則として、1つ目に「自分にとってOKかNGかの境界線がわかっている」ということがあり、これができると相手との行き違いがなくなるのだそうです。

「これはしてほしくない」と、相手に感情をうまく伝えられると価値観が伝わりやすくなり、相手から不快な思いをさせられることも減っていくのだそうですよ。日々の生活の中で、ちょっと実践してみたいですね。

人間関係のトラブルの元ともなる「怒り」の感情。うまくコントロールできない人、過去にトラブルがあった人、自分ではなく身近にそういう人がいる人など、一度アンガーマネジメントを学んでみるのもいいかもしれませんね。

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス