『ジュラシック・ワールド/炎の王国』新予告編を解禁 “創られた”新恐竜が登場?クリス・プラットのために戦うブルーの姿も

SPICE

2018/2/7 08:30


『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に公開されることが決定。あわせて新たな予告編が解禁されている。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』の続編。人間の手でよみがえった恐竜たちが生活する“ジュラシック・ワールド”を舞台としたSF作品だ。前作に引き続き、主人公オーウェン役でクリス・プラット、恐竜を遺伝子“ジュラシック・ワールド”の元運営責任者・クレア役でブライス・ダラス・ハワードが続投。前作のコリン・トレボロウ監督はスティーヴン・スピルバーグとともに製作にまわり、あらたに『怪物はささやく』のJ・A・バヨナ監督がメガホンを引き継いでいる。


本作の舞台は、ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島。火山の大噴火の予兆が捉えられ、人間たちは迫り来る危機の中、恐竜たちと自らの命を天秤にかける究極の選択を迫られるという。解禁された予告では、前作のハイブリッド恐竜インドミナス・レックスのように“創られた”と思しき新たな恐竜の姿も登場。また、オーウェンと心を通わすヴェロキラプトルのブルーが再び戦う雄姿も収められている。シリーズ史上最多の恐竜が暴れまわるという同作で、どんなドラマが繰り広げられるのか。
(C)Universal Pictures
(C)Universal Pictures

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日(金)全国超拡大ロードショー。

作品情報
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/
(C)Universal Pictures

あなたにおすすめ