佐野岳が再びランナーに! 今度はダメ男!?

愛媛・新居浜を舞台にした映画「ふたつの昨日と僕の未来」の制作が、2月6日に行われた発表会見で明らかにされた。

同作品は、「瀬戸内海賊物語」(2014年)、「海すずめ」(2016年)で若者たちのヒューマンドラマの演出・脚本力について高い評価を受け、ミニシアター規模でありながらもロングヒットを記録した大森研一監督が、自身の出身地である愛媛県を舞台に現実世界とパラレルワールドを奔走しながら、自分の生き方を見つける若者の姿を描くオリジナルファンタジー映画。公開は2018年秋以降を予定している。

主演は「仮面ライダー鎧武/ガイム」(2013-2014年、テレビ朝日系)で主人公の鎧武役を務め、ドラマ「陸王」(2017年、TBS系)では竹内涼真演じる茂木裕人役のライバル・毛塚直之役を好演するなど、さらなる飛躍が期待される佐野岳に決定。

ヒロインには、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年、NHK総合ほか)で主人公・常子の妹役を好演し、「嫌われる勇気」(2017年、フジテレビ系)や「コウノドリ」(2017年、TBS系)など話題のドラマに出演し続ける相楽樹が出演した。

また、主題歌は作品の舞台である愛媛・新居浜市出身で、同市の観光大使も務める水樹奈々が担当する。さらに、今作品は愛媛・新居浜市の完全協力をもとに、全編同市でのオールロケで2月中旬から撮影スタートを予定しており、本作は新居浜市市制80周年記念映画としても据えられている。

制作発表会見には、佐野、相楽、水樹、大森研一監督、愛媛・新居浜市の石川勝行市長、愛媛県イメージアップキャラクー・みきゃんが登壇した。

■ 佐野岳「体力作りを持続させて」

オリジナル作品である本作の脚本を読んだ佐野は、「読み進めていくうちに、今ある現状を受け入れることの大切に気付いた。不甲斐ない僕だし不甲斐ない海斗だけれど、真摯に向き合って臨んでいけたらと思います。そして、『陸王』に続き、またランナー役ができるので、体力作りを持続させています」と笑顔。

相楽は「個人的にあの後悔がなければ、今どんな人生になっているだろう?と考えることはあります。ストーリーの中で、私一人の行動によって変わってしまう世界があったりするので、現実と理想の間で悩んでいる海斗の苦悩はすごく理解できました。私が演じる真里乃は、海斗の駄目なところも背中を押して応援したり叱ったりと、きちんと彼に向き合っている彼女です。そして、愛媛には神秘的な景色のところも多そうなので、そのような場所で撮影できるのが楽しみです」と語った。

出身地の映画化を喜んだ水樹は、「歴史のあるものもたくさん残っている場所ですし、地元に住んでいたからわかるレアなスポットもあるので、どこをフューチャーして物語にしてくれるのだろうと思っていましたが、脚本を読んでなるほどと納得しました。子供の頃、慣れ親しんだ街が全てストーリーに落とし込まれていて感動しました。先週からデモテープ会議も始まりましたので、いま主題歌の制作を全力で頑張っています!」と地元愛を述べながら、楽曲制作への意欲をみせた。

オリジナルストーリーの脚本にも参加した大森監督は、これから撮影に入るにあたり天気の心配をされると「今までの全ての作品、晴れ続きです。前作は6月の梅雨の時期ど真ん中に撮影しましたが、全て晴れでした!」と、一同の不安を一層した。

最後に佐野が「これから準備して、すてきな作品を作って、皆さんに前向きな気持ちになっていただける映画になればと思っております。楽しみにしていてください。」と決意を向けた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136589/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス