中谷美紀、2年ぶりのTBSドラマ主演で玉木宏と“夫婦”に

TBS系で2018年4月期に放送される金曜ドラマが、中谷美紀主演の「あなたには帰る家がある」に決定した。

本作は直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名長編小説が原作。2組の夫婦の日常に潜む不満やすれ違い、不倫をきっかけに広がっていく夫婦の脆さを描きながら、夫婦とは何かを問う物語だ。

中谷がTBSドラマで主演を務めるのは2016年4月から放送された「私 結婚できないじゃなくて、しないんです」以来、2年ぶりとなる。

今回中谷が演じるのは、一人娘を育てる結婚13年目の主婦・真弓。中学生になった娘の学費を稼ぐため、仕事に復帰しようと奮闘する女性を演じる。

その真弓の夫・秀明を演じるのは玉木宏。真弓との生活に窮屈さを感じ、人妻に恋をしてしまうという役どころだ。さらに、亭主関白の“モラハラ夫”である太郎にはユースケ・サンタマリア、そしてその妻で完璧な主婦・綾子には木村多江が決定している。

個性豊かなキャストたちがどのように夫婦や家庭の問題を描いていくのか注目だ。

■ 中谷美紀コメント

平凡に暮らす主婦が、夫がある人妻に恋をしてしまうことで、初めて夫婦の危機に陥り右往左往するような物語です。夫婦の絆という、とても身近ではありますけれども、深く大きなテーマが含まれたドラマです。

専業主婦として娘を育て上げ、あらためて十数年ぶりに職場復帰し働き始めようとした時に、旦那さんがあらぬ方向に行ってしまいます。

家族だからこそ、身近だからこそ「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えなくて、ほんの少しのボタンのかけ違いで、夫婦の絆にヒビが入ってしまう、そんなリアルな夫婦像をお見せすることになると思います。

玉木宏さんは、私が演じる「真弓」の夫、結婚生活13年目、ちょっと駄目なちょっと抜けた旦那様を演じてくださいます。ユースケ・サンタマリアさんは、ちょっとモラハラ夫といいますか、少し性格に難のあるゆがんだ役を演じてくださいます。

その妻を演じてくださる木村多江さんは、「真弓」とは対照的におせち料理も全て手作りで、ご家族に振る舞っているような理想の女性を描いた役柄です。

皆さん本当に達者な役者さんばかりなので、今から撮影が楽しみで仕方ないです。4人でどんなコラボレーションができるのかなとワクワクしています。

100人以上の女性に実際の夫婦生活についてインタビューをして作り上げられたとてもリアルなドラマです。ぜひご夫婦の方々もこれからご夫婦になろうとしている方も、夫婦の絆、あるいは愛について楽しみながら、一緒に考えていただけたらと思います。ぜひご覧ください。

■ 玉木宏コメント

一見、幸せそうな夫婦を描いたストーリーですが、夫が越えてはいけない一線を越えてしまう、そこに夫婦の危機が訪れるのですが、それでも夫婦である以上、いろいろな壁を一緒に乗り越えていかなければならない。

そのような状況に直面したときに、“夫”は、“妻”は、この問題をどう乗り越えていくのだろうというテーマのドラマですね。

(秀明は)結婚13年目を迎え、子どももいて、最初の頃は起きなかった問題が13年目だからこそ起きることもある。それなりに夫も妻も不満や不安を抱えますが、それをどう乗り越えていけばいいのだろうという思いを抱えた男性です。

主演の中谷さんには、これまで専業主婦の役というイメージがなかったのですが、今回2人で地に足が着いた夫婦役を演じられるということと、夫婦のシーンではクスッと笑える部分もあるので、楽しみたいです。

木村さんとは以前にも恋人同士という設定で共演させていただきました。ユースケさんとはバラエティー番組でご一緒したことはありますが、ドラマでの共演は初めてです。皆さんとご一緒できるのが楽しみです。

結婚とはこういうものかなと、若い世代の方に想像してもらったり、実際に結婚されている方々には共感していただけるような「あるある」が詰め込まれています。大人の方や結婚されている方はもちろん、若い世代の方にも楽しんでいただける作品になると思います。

■ ユースケ・サンタマリアコメント

大まかなストーリーを見ると、よくあるドロドロ系のドラマかなと思われるかもしれませんが、最終的な着地点は全然違うドラマです。

この歳になったからこそ、やれる役ですし、今の流行りを狙ったような作品にはならないと感じたので、やりたいと思いました。新しい、2018年最新型の夫婦のドラマになると思います。

(太郎は)一見、好かれる人間ではないと思いますが、僕は好感を持ちました。わざと嫌われる役や、いやな奴を演じようとは思っていませんし、茄子田太郎としても自分が信じてることを言動に起こしたら、世間的にはちょっと間違っている。そういう人いますよね。

きっと、皆さんのまわりにもたくさんいるような人間だと思います。でも、エンターテインメントとしては、男性の言いたいことを体言しているところに共感できる存在だと思います。

中谷さんとは、同じ作品に出演することはあったのですが、同じシーンで演じるのは初めてです。本当になかなかお会いできなくて、バラエティー番組にゲストで来ていただいたことが最近あり、一緒にお芝居したいと思っていたので“時がきた”という感じです。

玉木さんとは、バラエティー番組で少しお会いしましたが、本格的にご一緒するのは初めてで、楽しみにしています。木村さんは、本当に昔から縁のある女優さんです。

これまで一番多く夫婦役をやっているという特別な存在で、今回も夫婦役だからこそ、今までとは違った関係性をお見せできればと思っております。ありそうでなかった4人のキャスティングに注目してください!

人間関係の変化の過程で、それまで溜め込んできたそれぞれの思いや、実はこういうことを思っていたというのが、浮き彫りになってきます。

普通に生活していても、一見、まともに見えるひとが、実は内面ですごく極端な考え方を持っていたり、すごく変わった人だなと思っても、内面は誰よりも誠実な考え方を持っていたりすることがあると思います。

このドラマでも、どんどん登場人物の見え方と関係性が変わってくるところを楽しんでいただきたいです。

■ 木村多江コメント

心の穴を埋めたくて、自分の居場所を探している人達の話です。

(綾子は)本当の自分を押し殺しながら、今が幸せと思い込んでいる女性です。寂しさを埋め、本当の自分を分かってくれる男性と出会い、おちていきます。

(中谷)美紀ちゃんとユースケさんは何度も共演し、信頼できる楽しみな方々です。玉木さんは2度目ですが、真摯にお芝居される方。皆さんと化学反応し合いながら、心がチクチクするようなドラマを作れたらと思います。

誰かといても孤独で、その隙間をなんとか埋めたくてもがいている人達が、どうなっていくのか…。皆さんの心の隙間をのぞきながら、ドラマの人達の心をのぞき見してください。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136579/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス