最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中谷美紀、4月期TBS金曜ドラマ主演 玉木宏との“夫婦の絆”が試される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優の中谷美紀が4月期の金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系/毎週金曜22時)で主演を務めることが発表された。玉木宏と夫婦役を演じる中谷は「ほんの少しのボタンのかけ違いで、夫婦の絆にヒビが入ってしまう、そんなリアルな夫婦像をお見せすることになると思います」とコメントを寄せている。

【写真】「中谷美紀」フォトギャラリー

直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名長編小説を基にする本作は、子育てがひと段落した結婚13年目の主婦・佐藤真弓(中谷)が、夫で住宅販売会社のサラリーマンである秀明(玉木)、中学校の教師で時代錯誤といえるほど亭主関白の“モラハラ夫”・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)、太郎の妻で秀明と出会い強く惹かれていく綾子(木村多江)と直面する、“落ちてはいけない恋”と“夫婦の絆の危機”を描く。100人以上の女性にリサ―チし、夫について、子育てについて、仕事と家庭の両立について徹底調査した「オンナの本音」を盛り込み、誰もが共感できるリアルな生活を描きながらも、次々と予想外の展開が繰り広げられる“大人が楽しめる”ドラマとなる。

結婚以来専業主婦を務めていた真弓は、私立中学に入学した娘の学費などのために仕事に復帰することを決意。そんな真弓に対して、夫の秀明は非協力的だ。そんなある日、秀明が働くモデルハウスに、太郎と綾子夫婦が客としてやって来る。真弓とは対照的な女性である綾子に、秀明は衝動的に惹かれはじめる。一方の綾子も、秀明との出会いに運命的なものを感じていた。

中谷は役どころについて「専業主婦として娘を育て上げ、改めて十数年ぶりに職場復帰し働き始めようとした時に、旦那さんがあらぬ方向に行ってしまいます」と解説。「家族だからこそ身近だからこそ『ありがとう』や『ごめんなさい』が言えなくて、ほんの少しのボタンのかけ違いで、夫婦の絆にヒビが入ってしまう、そんなリアルな夫婦像をお見せすることになると思います」と語っている。玉木やユースケ、木村との共演に関しては「皆さん本当に達者な役者さんばかりなので、今から撮影が楽しみで仕方ないです。4人でどんなコラボレーションができるのかなとワクワクしています」と期待を込めている。

一方、真弓とのすれ違いを機に綾子に惹かれていく秀明に扮する玉木は、中谷について「これまで専業主婦の役というイメージがなかったのですが、今回2人で地に足が着いた夫婦役を演じられるということと、夫婦のシーンではクスッと笑える部分もあるので、楽しみたいです」と発言。物語の魅力については「結婚とはこういうものかなと、若い世代の方に想像してもらったり、実際に結婚されている方々には共感していただけるような『あるある』が詰め込まれています」としたうえで、「大人の方や結婚されている方はもちろん、若い世代の方にも楽しんでいただける作品になると思います」と語っている。

金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』は、TBS系にて4月より毎週金曜22時放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス