水川あさみ、夫役の大谷亮平は「とても天然な方」

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「我が家の問題」(毎週日曜夜10:00-10:50)。同作は奥田英朗の短編小説をオムニバス形式でドラマ化したもので、ささやかな“わが家の問題”を抱える4つの家族の物語が1話完結で展開されていく。

同作で、4人の若妻を一人で4役演じる水川あさみにインタビューを行った。4人の夫についてや、ドラマを通じて感じたことなどを語ってもらった。

―― 一人4役というのは大変だったと思いますが、撮影を終えてみていかがでしたか?

終わった今の感想は、すごく楽しかったなというのが大きいです。まず4役を演じるっていうこと自体がないし、それぞれ4人の違う女性を演じるという難しさにチャレンジできたのは良かったなと思いますが、やってるさなかは本当に大変だな、どうしよう、これ…っていう思いでした(笑)。

――短期間に4つの役を演じる上での切り替えなどは、どうしていましたか?

4つの役を演じなくちゃいけないということを常に俯瞰して見ていて、体の3分の2だけ撮影している役に入っていて、あとの3分の1は他のことを考える余裕を持ちながら演じるという感じでしたね。

本当はその役のことだけをどっぷりと考えられればいいんですけど、今回はそういう感じではなかったかな。

1話ずつ撮影が終わって、次のお話の撮影までに1日空くんですよ。だからその時に次の役のせりふを覚えて、こういうふうにしようかなっていうのを考えて。

一つの役だったら事前にそれだけ考えればいいけど、4つ考えなきゃいけない。その作業ができる期間が1日しかないので、瞬発力がすごく必要でした。

――4役を演じてみて役者としての発見や収穫はありましたか?

役者さんのタイプっていろいろあると思うんですけど、役にどっぷり漬かる人もいれば、技術としてお芝居をする方もいて。それは人によって違うので、どれがいい悪いではないのですが…。

私が今回、4役を演じるという上では、どっぷり役に染まったりということではなくて。どこかに私自身のキャラクターがにじみ出る部分があるかなとか、私にない部分をどう見せたらこの役が成立するのかな、ということを考えて演じました。

――4人の夫の印象を教えてください。

皆さん本当にびっくりするくらい役にぴったりで…。お芝居をするということだけではなく、ご本人と役がすごく合っているなっていう部分がたくさんありました。

達生を演じた小泉(孝太郎)さんは、皆さん爽やかで真面目な方っていうイメージを持っていると思うんですけど。

達生と小泉さんの真面目な部分が重なり、“おかしなことを言う”という行為が異質に見えて、ユニークに感じました。

大谷(亮平)さんは仕事ができない夫っていう役だったんですけど、大谷さん自身スタイルが良くて格好いいんですよね。何をしてもさまになってしまうんです、しゃべり方もしぐさも。そんな人が仕事ができないと思うと相当面白いなって。

勝地(涼)くんは、奥さんのやりたいことをこうするといいんじゃないかって言ってくれる、何でも受け止めてくれるような役だったのですが、彼自身芸歴が長く、お芝居もずっとされてる方だったので。

そういう包容力が役とすごく合っていて、任せていいんだ、という安心感がありました。

小池(徹平)くんは、見た目は小動物みたいでかわいらしいイメージがあるのですが、普段は関西弁でうわぁーと話していて。見た目と普段の彼のギャップというのが、奥さんの前にいるときと一人でいるときにギャップのある淳一役と重なっていて…。

それぞれの方に役と通じるものがあって、ハマってるってこういうことなんだなって感じました。居心地がよく、すごくやりやすい現場でしたね。

――2話で共演した大谷亮平さんとの撮影中のエピソードはありますか?

大谷さんとは今回初めてご一緒させていただいたんですけど、とても天然な方で…。突拍子もないことをたまに言ったりして、現場が和やかになることがありました。

夫婦で大切な話をするという場面があったのですが、面と向かってではなく、日常の動きの中で会話をしてみませんか?って提案したんです。

私はお弁当を詰めたりとか、大谷さんは自分の飲み物を注ぐとか段取りをしていたときに、萩生田(宏治)監督が大谷さんに「牛乳を入れてください」って指示をして…。

そうしたら大谷さんが、「いや、男の人って牛乳入れますかね?」とか言い出して(笑)。すごいおかしくて!(笑) 入れます、入れます!ってなりました。

――では、4人の妻を演じてみて、ご自身が一番近いと思う役はどれですか?

1話で演じた美奈子が、家族の中の主婦という意味では一番ニュートラルですよね。だから親近感はあるかなって。でも男性スタッフからは2話の「仕事ができない夫に悩む妻」のめぐみが一番人気でした!

――人気の理由はなんだと思いますか?

旦那さんを支えるという意味で、彼のためにお弁当を作って…。その支え方が目に見えて押し付けがましくなく、そっと寄り添ってるという点で、そうだったのではないかなと思います。

私はがつがつしてるから(笑)、どっちかっていうと夫のために大胆な行動を起こす美奈子のタイプかな。

――撮影を終えて感じたこの作品の魅力を教えてください

日常ってたくさん嫌なこともすてきなことも面白いことも腹立たしいことも転がっていて、生きることって大変なんですけど、それを夫婦で乗り越えていくのは輝かしいことなんだなって思いました。

夫婦じゃなくても、日常を大切に生きる幸せというのは、女優という仕事をしているからこそ、かみ締めていたいなって思います。女優さんは過保護にされますから。ちゃんと意識として、普通に生きるという側面も持っていたいなと思います。

――女優は過保護にされていると思いますか?

過保護でしょう!すぐ飲み物が出てきて、寒いって言ったら勝手に(エアコンの)温度が上がって!(笑)

過保護という言い方は違うかもしれませんが、周りがケアをしてくれますよね。すごい職業だなって思います。そこに頼らなきゃいけないときもありますが、甘えないようにしたいと思ってますね。

――ちなみに続編のオファーがきたら引き受けますか?

またまったく違う役を4つですか!? そうですね、どうするだろう…。やれたらいいなと思います!

今度は、60歳くらいでやりたいな。人生経験を積んでやれたらいいですね!

■ 第2回(2月11日[日]放送)のあらすじ

夫・秀一(大谷)の野球大会を見にいっためぐみ(水川)は、そこで秀一が野次られるのを聞いてしまう。それ以来、めぐみは秀一が“仕事ができない社員”なのかと心配になるが、秀一は一切愚痴を言わない。

めぐみは秀一の“孤独さ”を緩和させようと、弁当作りに情熱をかたむけるようになる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136447/

あなたにおすすめ