最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

渡辺直美、ピクサー『リメンバー・ミー』で“実在のアーティスト”役で日本語声優に決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 渡辺直美が、ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』に、日本版声優として出演することが発表された。渡辺が演じるのは、カラフルな“死者の国”に登場する実在したメキシコの芸術家フリーダ・カーロ役だ。

【写真】「渡辺直美」フォトギャラリー

ピクサー最高傑作の呼び声が高い『リメンバー・ミー』は、アニメーション界のアカデミー賞と言われるアニー賞を11部門獲得し賞レースを席巻。第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門にノミネートされ、オスカー大本命となっている。カラフルな“死者の国”を舞台に、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、そこで出会った“家族が恋しいガイコツ”のヘクターと冒険を繰り広げる。

今回、渡辺が演じるのは、ミゲルが死者の国で出会う情熱的な芸術家フリーダ・カーロ(1907~1954)。フリーダは、実在のアーティストであり、メキシコの紙幣にも描かれるほど国を代表する芸術家。当時から愛と自由に生きた革新的な女性で、今も彼女が描いた絵や作品は世界中で愛され高い人気を誇っている。

渡辺は「ディズニー/ピクサー作品を全部観ているので、すごく嬉しかったです!」と、同作への出演を喜ぶ。また、ファッションブランドをプロデュースする渡辺だからこそ「フリーダの服装が可愛かったので、そういう感じのファッションが2018年夏に増えそう!」と日本でフリーダブームが巻き起こると予想している。

さらに渡辺がフリーダを演じる本編シーンの映像も公開。同シーンでは、アトリエに迷い込んでしまったミゲルとフリーダが出会うシーンが描かれ、芸術に情熱を燃やすかなり独特なキャラクターということが分かる。だがこの後、ミゲルにコンサートのパフォーマンスを見せると、意外にもミゲルの意見にインスピレーションを受けた彼女は、やがてミゲルの“協力者”となっていく重要なキャラクター。フリーダの劇中の活躍も見逃せない。

映画『リメンバー・ミー』は3月16日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス