最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

賞金1億円「リアルカイジGP」に志願者殺到

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AbemaTVは2月6日、今春よりレギュラー放送を開始する、賞金1億円のリアル人生逆転リアリティーショウ「リアルカイジGP(グランプリ)」への一般挑戦者が、募集開始から10日間で1万人を突破したと発表した。

「リアルカイジGP」は、主人公が様々なゲームやギャンブルに挑む、福本伸行氏による大人気漫画「カイジ」(講談社「ヤングマガジン」連載中)シリーズをもとにした番組。オリジナルゲームに挑戦し、全てに勝利した参加者1人に、業界最高賞金の1億円が与えられる。

放送開始決定にあたり、1月25日から一般参加者の募集を開始していたが、10日間で応募者数が1万人を突破した。

募集条件は1億円を手に入れて人生を大逆転したいという思いを持つ18歳以上の男女で、一般から著名人まで誰でも応募可能。世代・別性別別では、20代男性が最も多い傾向にあり、「借金を返してこの人生を一からやり直したい」「住宅ローンと車のローンを完済したい」という理由をはじめ、「諦めていたけれど夢だった自分のレストランをオープンしたい」「家族で超豪華世界一周旅行に行って親孝行がしたい」など、1億円で夢を叶えたい、親孝行がしたいという声も多く、さらに「1億円をもとにギャンブルで勝負したい」「温泉を掘りあてたい」などユニークな理由も見られた。

また、最近の時勢を反映した応募理由として「仮想通貨で大損したので、ここで取り戻したい」「仮想通貨に投資して、さらに10億円まで増やしたい」といったものもあったという。

番組MCは、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次に決定。加藤は「番組企画を聞いた時に、面白い企画だなと、『AbemaTV』はとんでもないことをやるなと思いましたよ」と感想を語り、また、「一般の方が賞金を懸けて参加する、いわゆるこれまでのクイズ番組の空気ではない空気を期待してます。今までになかった番組になると思いますよ。どう視聴者がみてくれるのかが楽しみですね」と番組への期待を語った。

☆加藤浩次 コメント

質問:番組MC決定を受けての感想は?

加藤:番組企画を聞いた時に、面白い企画だなと、「AbemaTV」はとんでもないことをやるなと思いましたよ。地上波だと、これまで1,000万円が最大だったけれど、1億円はそれの10倍、ちょっと考えられないですよね。1億円にもなると、人生が変わる、ひとりの人間の人生が変わる訳です。自分がもし、いま20代だったら絶対に参加しますね。たぶん、友達を誘って5人くらいで、賞金を山分けしようって話をするかも。

楽しい番組になって欲しいけれど、殺伐としたものも生まれるのかなと思ってます。最後に優勝が決まる時には、一体どうなるのか正直結末は想像がつかないです。人間のいい部分、本当に悪い部分が浮き彫りになるのでは。一般の方が賞金を懸けて参加する、いわゆるこれまでのクイズ番組の空気ではない空気を期待してます。今までになかった番組になると思いますよ。どう視聴者がみてくれるのかが楽しみですね。

質問:もし、1億円手に入れたら?

加藤:自分が20代の若いころなら、まずは、使いたいだけ使って、勘定を考えずに食べたり飲んだりして、それから欲しいものを買うんじゃないかな。いまなら、完全に貯金します。もしくは、家のローンを払うかな(笑)。

質問:参加者へのメッセージを。

加藤:みなさんいろんな思いを背負って参加すると思いますが、負けても(1億円手に入らなくても)決して俺のせいじゃないからな!

質問:視聴者へのメッセージを

加藤:見たことのないような空気感をまとった番組になると思うので、是非、見て欲しいですね。もしかしたら、哲学的なことで「人間とは」ということを問うような世界になってくるかもしれない。そこまで極限の状況になった人間を僕自身も見たことがないので、そういう観点でも見て欲しいなと思います。

☆福本伸行 コメント

未だかつてない企画!参加者のみんな、ここは、ひとつ、大いに、夢を見ようじゃありませんか!

「AbemaTV」の頭文字で言うと…、

『ア、明日の朝、
ベ、ベッドに、
マ、万札一万枚!
T、トライ、
V、ビクトリー!』

チャレンジしよう!が、自己責任だ!
実は、勝ったら、勝ったで、大変だぜ。多分…。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス