クロちゃんの“ウソ”、店突撃した医師が暴露

医師でジャーナリストの森田豊氏が、お笑いトリオ・安田大サーカスクロちゃんがついた“ウソ”を暴いた。

クロちゃんは先日出演した「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で「2型糖尿病」と診断され、森田医師らによる生活改善の指導を受けている。クロちゃんも「死にたくない」と生活や食事の改善を約束し、放送後はTwitterで積極的に質素な食生活などをアピールしているところだ。

しかし、これまでクロちゃんのTwitterはウソまみれだったことがバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で暴露されているため、クロちゃんのヘルシーな食事ツイートには、ファンも、そして森田医師も疑心暗鬼に。森田医師はTwitterで写真にツッコミを入れるなど怪しい部分を何度も指摘していたが、2月5日、ついに実際の行動に出た。

5日、クロちゃんは「久しぶりのラムしゃぶ。ラム肉と野菜だけたっぷり食べるしん!」とツイート。ラム肉がズラリと並んだお皿を手に、ウインクしている写真を投稿していたが、それを見た森田医師は「例の六本木のラム肉店、到着しました」と店に突撃。店員から証言を得たことを報告した。

それによると、「様々な証言からラム肉、野菜は食べてましたが、シャリ(ご飯)も小さい握りサイズで三つ食べていたようです。『ラム肉と野菜だけ』というクロちゃんのツイートは、『嘘!』と診断します」とのこと。わずかではあるものの、ご飯も食べていた事実が白日の下にさらされ、クロちゃんの“ウソ”癖が続いていることを暴露した。

これにTwitterなどネットでは「森田先生に嘘がバレてるぞ!」「やっぱり嘘つきや」「正直に言えばいいのにね」「森田先生はジャーナリストの鑑」などの声が上がっている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス