小泉今日子、“不倫告白”の衝撃! 芸能マスコミによる「バーニングタブー」への手のひら返し


下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

国会が始まり、森友問題の追及が続いている。安倍晋三首相の言い逃れ答弁は相変わらずだが、ワイドショーはというと相も変わらず相撲問題や隣の国の粗探しばかり。よっぽど好きなんだね、相撲と隣の国のこと。

第399回(2/1~2/6発売号より)
1位「小泉今日子 前代未聞の“不倫宣言”で本当に伝えたかったこと」(「週刊女性」2月20日号)
同「小泉今日子 『もう自分を隠さない…50代からは、女としての幸せを!』」(「女性自身」2月20日号)
2位「福士蒼汰 3才年上のベビーフェイス インスタ美女に持ってかれた!」(「女性セブン」2月15日号)
3位「V6井ノ原快彦 決断を迫られた2つの事情」(「週刊女性」2月20日号)

小泉今日子の告白には驚いた。不倫宣言が、ではない。交際相手の豊原功補がまだ離婚していない既婚者の身だったことに。つまり、これまで、“離婚した”と世間を欺いていたバーニングの情報操作に、だ。

2人の関係が2015年3月「フライデー」(講談社)と「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた際、記事には“不倫”だとは記されてはいなかった。スポーツ紙やワイドショーもこのネタを後追いすることなく黙殺。もちろんバーニングタブーのためであり、そのための忖度だ。だが、一部ネットメディアなどでは、2人の交際は“不倫”から始まっていたのではとの疑惑が指摘されており、それはあくまで“豊原は離婚歴があり、小泉は不倫略奪したのではないか”という前提に立ったものだった。つまり2人が親しくなった当初、豊原は結婚していたが、交際が始まる前後のある時点で“離婚した”という認識だ。

ところが、今回明らかになったのは、現時点においても豊原は離婚してなかったという事実だ。

そしてキョンキョンもすごかった。最初に報じられた際、バーニングに対して「ご家族に迷惑を掛けないように守って欲しい」と伝えたことを明かし、さらにバーニングの情報操作のせいで、豊原がすでに離婚しているという誤った認識が生まれてしまったと告白し、謝罪したのだから。

だが、さらに別の意味ですごかったのが芸能マスコミだ。この不倫告白と同時に小泉はバーニングから独立しているが、その途端、これまで一切を黙殺してきたワイドショーは、禁断とも言える小泉の直撃取材まで敢行、大々的にこれを報じたのである。なんという手のひら返し、なんというゲスさだろう。

しかもその内容は、不倫告白した小泉を勝手に持ち上げたり、または勝手に貶めたりと、必死に自分たちの“常識”に押し込めるようなものだった。それはこの騒動を報じた今週の女性週刊誌も同様だ。まず「週刊女性」。今回なぜ小泉が告白したか、本当に伝えたかったこととして、夫婦カウンセラーにこんな分析をさせた。

「不倫をしている女性が“妻と別れて自分との結婚を考えてほしい”と望んでいるときは、あえて奥さまに気づかれるようにするものです。(略)妻に対する優越感を持つことが目的でしょう」

なんだ、このゲスな分析は。実際、小泉はマスコミの直撃に「文書をちゃんと読んでください。結婚するとかそういうことではございません」と啖呵を切っていたが、この言葉に嘘は感じられなかった。

そして「女性自身」も似たり寄ったり。

「小泉さんのコメントからは《どうせ離婚が成立しないのであれば、“彼は私のもの”という事実だけでも世間に公表したい》という、やや身勝手な思いも伝わってきます」(芸能リポーター城下尊之氏のコメント)

不倫とバーニングタブーを告白した小泉の潔さと対照的に、自分たちのご都合主義を完全にネグった芸能マスコミのゲスさがクローズアップされた、今回のキョンキョン不倫告白騒動だった。

今をときめく大人気若手俳優・福士蒼汰に、立て続けに熱愛スキャンダルが発覚! まずは「フライデー」(2月2日号)が報じた山本未來との高級寿司デート。山本は椎名桔平という夫がいるし、2人は一緒に帰ることはなかった。では不倫ではないかというと、帰り際、何やらコソコソと怪しい行動を取っていたらしい。

そして今週の「女性セブン」が報じたのがタレントのMISATO(誰!?)との熱愛だ。こちらは2日続けてのお食事デートに、福士くんのマンションお泊まりという“決定打”だが、それにしても不自然だ。すでにネットなどでも話題になっているが、「セブン」に掲載されているツーショット写真を最初に見たとき、何かのロケのワンシーン、宣伝じゃんと思ってしまったくらいにバッチリ撮れすぎている。

深夜11時、赤信号を待つMISATOは福士の腰に両手で抱きつき、マスク姿の福士はMISATOの肩をしっかりと抱く。さらに2人とも目線は“カメラ目線”に見える。その後もラブラブな写真を「セブン」に撮られまくる2人。

いろんな臆測が成り立つのだろうが、2人の姿に同じ研音で独立騒動を巻き起こした水嶋ヒロと絢香のカップルがなぜか想起され、オーバーラップしてしまった。何か波乱の予感――。

有働由美子アナの『あさイチ』(NHK)降板が明らかになったが、続けてV6・井ノ原快彦まで! 「週女」記事には井ノ原降板の理由を、家族との時間確保と有働との絆としているが、なるほどね。さらに井ノ原の後釜について、“ジャニーズの誰かではどうか”という 「週女」らしい切り口が続くが、結論は「いない」らしい(笑)。こちらも納得。

あなたにおすすめ