両思いじゃなかったの? イイ感じだった彼からフラれたときに考えられること




「きっと彼と付き合えるはずだ!」と思い告白をしたのに、まさかの玉砕。理由もよくわからず、凹んだ経験のある女性もいるのではないでしょうか。
そこで今回は「イイ感じだった彼からフラれたときに考えられること」についてご紹介します。

1. タイミングが合わなかった

「どちらかというと向こうが私のことを好きっぽかったのに、急にパタリと連絡が来なくなった。慌てて告白をしたけれど、『もうちょっと早かったらなぁ……』と言われてしまいました」(20代/女性/一般事務)

▽ お互いに好き同士だったことに変わりはないのだけれど、気持ちのすれ違いで交際に至らないケース。これはダラダラと友達関係が長引いたときに起こりやすいようです。
たとえ彼が自分のことを好きだという確証がなかったとしても、まずは告白することで恋愛対象として意識してもらえる場合もあります。タイミングを逃さないよう、初々しさが残っている間に告白をするのも作戦のひとつですよ。

2. 勘違いだった



「すごく優しく接してくれるので、てっきり両思いだと勘違い。勇気を出して告白したけれど、『彼女がいるから』とフラれてしまいました」(20代/女性/派遣)

▽ 悲しいですが、「両思いだと思っていたのは自分だけだった」という場合も……。こういうときって、大体相手が思わせぶりな態度を取っているんですよね。付き合う気がないのであれば、はじめから優しくしないでと思ってしまうものです。

3. 「重い」と思われてしまった

「見た目もかわいいしちょっと良いなと思っていたんだけれど、頻繁に送られてくるLINEに負担を感じるようになってしまった。付き合ったら束縛されそうな気がして、フッちゃいました」(20代/男性/営業)

▽ LINEなどのやり取りをしている中で、「あれ……この子もしかして重い?」と警戒されてしまうことも。最初は好意を持っていたけれど、付き合ったら大変そうな気がしたので告白をお断りしてしまうケースもあるようです。
付き合う前からガツガツアプローチをしてしまうと、彼が引いてしまう原因になります。反応を見ながら、相手の心に土足で入らないようにすることが大切です。

4. 元カノの代わりだった



「何回かデートもしたし、きっと大丈夫だろうと思って告白をしました。でも後日返ってきた言葉は『ごめん。やっぱり元カノが忘れられない』でした」(30代/女性/IT)

▽ 「元カノの代わり」というと聞こえが悪いですが、過去の恋愛を忘れるために頑張ってほかの人を好きになろうとするのは男女ともに良くある話。でもやっぱり元カノが忘れられず、告白をOKできなかったようです。
こちらは誰が悪いというわけではないので、自分を責める必要はありません。むしろ中途半端な気持ちのままお付き合いがはじまらなくて良かったとプラスに捉えるべきでしょう。

好きな人からフラれる悲しみは計り知れないもの。でも彼の気持ちがわかって良かったと割り切ることも大切です。
ひとしきり泣いたら、また前を向いていきましょうね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス