本田望結&紗来、大人顔負けの受け答えに浜田雅功も驚愕!


2月4日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)では、ともにフィギュアスケート選手で子役タレントの本田望結(13歳)と本田紗来(10歳)が登場し、自宅の地下にあるという「本田家専用トレーニングジム」を紹介。姉妹はどんな問いかけにも大人顔負けの受け答えをし、MCの浜田雅功を驚嘆させた。

望結「とっくに負けてる」と紗来を称賛


番組史上最年少ゲストという紗来は、緊張していないかと問われると「望結お姉ちゃんと一緒なのですごい楽しみにしてきました」と笑顔の対応。これに浜田は「めっちゃちゃんとしゃべるやん!」と驚嘆する。

本田家は兄・太一(19歳)と姉・真凛(16歳)もフィギュアのトップ選手。4兄妹の強さの秘密が『本田家専用トレーニングジム』と発表されると、望結は「自宅のガレージをお父さんが改造してくれて、ランニングマシンとか筋トレの機械とかたくさんあるジムのような施設になってます」と解説。地下にあるというトレーニングスペースがVTRで紹介されると、望結は「トレーナーの先生がいらっしゃるんですけど、スケートリンク以外のことを教えてくださる方なんですけど、24時間体制でいつでも来てくださるように(なってる)」と説明した。

次に姉の真凛がメッセージVTRで登場し、望結について「(演技の)表現は負けてるなって思ってる」、紗来について「すごい才能の塊で一番怖い」とコメント。「あんなこと言ってるけどどう思う?」と尋ねる浜田に紗来が「ライバルっていう(意味で)怖いって言ってもらったのもすごい嬉しい」と答えると、望結は「私はもう多分とっくに(紗来に)負けてるんじゃないかなぁと(思う)」とし、「(紗来は)2017年に出た大会全て優勝しているんです。2位になったことない」と誇らしげに微笑んだ。

末っ子で得していることは?と問われた紗来は「お姉ちゃんお兄ちゃんができることいっぱいスケートの中であって、末っ子だから全部を真似できるっていうか、自分のものにできるっていうのがすごい(得)」と答え、浜田は「何なんこの子?スゴイなぁ」と絶句した。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス