最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ホリデイラブ』、超過激で「閲覧注意」…メンタル崩壊&中毒の視聴者続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仲里依紗演じる“サレ妻”(浮気をされてしまう妻)が主人公の連続テレビドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)。前回の第1話では、高森杏寿(仲)の旦那・高森純平(塚本高史)と浮気をした井筒里奈(松本まりか)の過激な絡みやセリフの連発が話題になり、平均視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と深夜帯の放送としては異例の高視聴率をマークした。そして、2日に放送された第2話も、相当な反響があったようだ。

純平が浮気していたことを知ってしまった杏寿は、ショックを受けて純平と距離を置くことに。一方の純平は、里奈の旦那・井筒渡(中村倫也)から今の仕事を辞めるように脅されていたため、仕方なしに退職願を提出。「もう一度やり直したい」とお願いする純平だったが、杏寿は「二度とこの家に帰ってこないで」と突き放すのだった。

そして純平が家を出ていき、茫然とする杏寿の元に一本の電話が鳴る。それは坂口麗華(壇蜜)だった。そこで忘れていた“出会い系アプリ”の存在を思い出し、以前やり取りをした男性がオーナーを務めているというネイルのセミナーに出かける。そこで、オーナー・黒井由伸(山田裕貴)と出会うのだが、とんでもなくチャラ男だったのだ。しかし、廃盤になったネイルカラーを譲ってくれることになり、別の日に再び会うことに。そこで、黒井の秘書の女性がつい最近“離婚”したばかりだという話になり、「反省してるし、もうやらないんじゃないかって思ってる? やるよ。浮気する奴は魔が差したとかそんなんじゃなくて、そういう人種だから」と言い放つ黒井に、杏寿は動揺を隠せず席を立つのだった。

だが、黒井のこの発言に動揺したのは杏寿だけではなかった様子。ドラマの制作発表記者会見では「『“サレ妻”なう』の方は見るのがつらいと思う」と発言していた仲だったが、第2話放送後のインターネット上では「めっちゃグサってきた」「きっと経験ある人の心にはグサグサ刺さる」「ドラマの言葉にこんなに共感してメンタル死んでるのいつぶりだろう…」と、自分の立場に置き換えた結果、ショックを受けたと訴える人が続出。「既婚者は絶対見てはいけない!」という声まであがってきている。

さらに今回は、前回にも増す里奈の“小悪魔”っぷりにも注目。偶然を装って純平の仕事先にパートの事務員として入社してきた里奈だったが、実は最初の出会いから何まですべてが計算だったことがわかったのだ。どうりで、貧血で倒れても心配して駆け寄ってくる友人がいないわけだ。里奈は、純平に近づくために結婚式会場に忍び込んでいたのだ。

さらには、里奈の子供たちにも「我慢すればいいことがあるのよ。新しいツリーに、新しいおうち。新しいファミリー」と意味深な発言。すべて計算ずくで純平に近づき、杏寿との関係を引き裂いて自分のものにしようと画策する姿は、もはや“悪魔”。また、初回から胡散臭さしかなかった麗華についても、「里奈とグルじゃない?」「別れさせ屋?」と予想する人も多く、里奈のストーカーまがいの行為や渡のDVなど、不倫ドロドロ劇以上のサスペンスホラーな展開に、すでに『ホリデイラブ』中毒者が続出しているようだ。

次回の予告では、杏寿と黒井がキスをしているシーンや裸になっているシーンもあり、すでに「なんで杏寿が裸になってるの?」と話題になり、すでに波乱の予感。さらに里奈が純平との情事の様子を事細かく綴ったメールを杏寿に送っているようなシーンも見受けられ、さらなる恐怖が待ち受けているようだ。

女性にとって、杏寿の心の葛藤は痛いほど共感できるうえ、浮気をした旦那の心情までもが事細かく描写されていくため、ドラマを見終わった後の疲労感は半端ではない。確かに類まれにみるおもしろいドラマではあるが、相当な覚悟をもって見ないとメンタルがヤバイことになる恐れのある「取り扱い注意ドラマ」といえるだろう。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス