がんこちゃんに続きお母さんや弟まで萌えキャラ化 TVアニメ「がん がん がんこちゃん」に登場

BIGLOBEニュース

2018/2/6 18:24


2月から新シリーズが放送されているNHKのTVアニメ「がん がん がんこちゃん」に、がんこが美少女化した“萌えがんこ”に加え、お母さんと弟のがんぺーも萌えキャラ化して登場することがわかった。

“萌えがんこ”は、11日にBSプレミアムで放送予定の「がんがんがが~ん!不思議なお絵かき!」に登場。がんことがんぺーが地面に「動く石」でお絵かきをすると、絵が動き始める。それを見たゲンが美少女姿のがんこを描き、動き出すというストーリー。この“萌えがんこ”は既に公開されているが、新たにがんこのお母さんとがんぺーも萌えキャラ化して登場。放送に先駆けて公開されたビジュアルでは、お母さんはエプロン姿や大きな胸はそのままに美しい女性に変身。がんぺーは恐竜とは思えないほどスリムになり、おむつのような大きいパンツはショートパンツに変貌を遂げている。

「ざわざわ森のがんこちゃん」は、1996年にスタートしたNHKの人形劇。放送20周年を記念して2017年に「がん がん がんこちゃん」としてアニメ化し、2月からは新シリーズが放送されている。がんこ達が萌えキャラ化する「がんがんがが~ん!不思議なお絵かき!」は、2月11日7時55分からBSプレミアムで放送される。

あなたにおすすめ