最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

海外旅行へ行くはずが…あなたは大丈夫?「ついやってしまった旅体験談」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


海外旅行へ行くために何か月も前から予約して、情報も集めて、その国の情報誌も購入して、あとは行くだけ! なのに、出発当日空港でチェックインができなかったというハプニングがありました……。 私が海外旅行に行く際に体験したことと、友人の体験談をもとに、みなさまにも気をつけていただきたい、旅行での “やってしまった” エピソードをご紹介します。

■ パスポートは期限が切れていなくても……

今回私が出国できなかったのは、パスポートの「有効期限切れ」でした。ただの期限切れではありません、もう一度いいますが、「有効期限切れ」だったのです。

もちろん、パスポートの期限はあらかじめ確認していましたよ。あと5か月……。切れていないから大丈夫だろうと安心しきっていました。ですが、私はウッカリ忘れていたのです。国や地域によって違いますが、「滞在日数+6か月以上有効のパスポートが必要」という規定があることを!

当日羽田空港のチェックインカウンターのお姉さんに「あなたは入国ができませんよ」と言われて、血の気が引いたことを昨日のように覚えています。何か月も前から航空チケットも購入して、現地のホテルも予約しているのに、どうして?!

つまり、インドネシアには6か月以上の期限が必要だったのです。どうしたら行けるのか……と考えましたが、今からパスポート更新に行っても2週間ほどかかるし、全キャンセル料を支払ってキャンセルをせざるを得ない状態になってしまいました。

発覚した時間が23時だったこともあり、このまま帰るのも悔しいので、その場で有効期限が3か月以上でも行ける国を探すことに。そして、翌日の昼出発の台湾行きの飛行機とホテルをネット予約。なので、初めて空港で一夜を過ごすことになりました……。

そうならないためにココをチェック!
複数の都市へ遊ぶに行く方は、全ての国の規定のチェックも忘れずに! 査証欄余白が2ページ以上なければ入国できない国もあるようですよ。1か月前までにはパスポートのチェックをしておきましょう!

■ ビザの申請忘れ

次からは友人が “やってしまった” 体験談についてご紹介します。

アジア諸国などのビザ申請忘れです。「ESTA」がアメリカの入国に必要なシステムと知ってる方は多いですが、事前にビザ申請必要な国はいろいろあり、ツアーを通さず個人で旅行手続きしている人は忘れがち。私も旅行手続きは自分でするので自分自身で確認しないといけないことが多いです。

最近では中国やベトナムなど、15日以内の滞在はビザ不要など、観光目的の入国であればビザが免除される国も増えているそうです。また、先述した「ESTA」と、オーストラリアの電子ビザ「ETAS」が間違いやすいとの声も聞きます。

そうならないためにココをチェック!
必ず事前に旅行先にビザが必要か、必要ならばどんなものなのか確認しましょう。

■ 空港間違い

現地での空港間違いもよくあります。ソウルやパリ、台湾などは空港が複数あるので、到着した空港と同じだと思い込んで間違ってしまったようです。

出国が、到着した空港だと思い込んで向かうと、違う空港だと気付いた時にはチェックインの時間に間に合わず、プラスでタクシー代などお金もかかってしまうというハメに。

そうならないためにココをチェック!
大丈夫だと思っても必ず事前に確認しましょう。羽田と成田の間違いもかなりダメージが大きいですね。

■ 変圧器の確認

海外でコテを使ったら、電圧が違っていて壊れた~という経験をされた方はいませんか?

日本の電圧は100V。海外の電圧は110V~240V。

海外の高電圧に日本製の電気製品を繋いでしまうと、強い電圧が機器に負担をかけ故障に繋がります。それによってホテルの備品も焦がしてしまった! なんていう方もいました。

そうならないためにココをチェック!
忘れがちな方や、変圧器を購入するのは面倒だという方は、全世界対応の変圧器もあるのでそういった商品を予め準備しておくと良いかもしれませんね。

旅にはハプニングは付き物! ですが、準備段階からハプニングを防ぐことはできます。楽しい旅行にいく計画が悲しい思い出にならないよう、旅行の計画が決まったらまずは確認&準備をしましょう!

(C)m-imagephotography/Gettyimages

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス