キム・カーダシアンの商才がすごい 新フレグランス、4日間で売り上げ10億円超

リアリティスターとして注目され、「“有名であること”が有名なタレント」=「特にこれといった才能がなく私生活を晒すだけのタレント」という扱いを長く受けていたキム・カーダシアン(37)。しかしその裏ではビジネスでも大成功しており、バレンタインデーを前にキムが売り出した香水も、わずか4日の間に10億円超の売り上げを記録したという。

インスタグラムに超妖艶なセクシーショットを何枚ものせてメディアの関心を集めてきたキム・カーダシアンは、実は大変賢いビジネスウーマンと言える。セクシー写真のアップにより興味本位でキムのインスタグラムを見る人が激増、するとキムが紹介している新商品も目に入り、多くの人々が商品に興味を持ち購入に至っているのだ。当然「ママになっても脱ぎまくってはしたない」と憤る声も多いが、それらはほぼスルーして関心を集めることに専念し、キムは大成功をおさめてきた。

そんなキムが先日、新たな香水をリリースした。今回は「バレンタインデーのプレゼントを購入しなくては」という人々のために可愛いボトル入りの香水を発表しており、しかも送る相手との関係により商品を選べるよう「BAE」(恋人)、「BFF」(永遠の親友)、「RIDE OR DIE」(なんだってしてあげる相手)と3種類ある。この香水を渡された相手は「送り主の自分への気持ちがズバリ分かる」という優れものであると同時に、女の子が女友達に贈るギフトとしてもピッタリのキュートな商品に仕上がっている。

これを大変お洒落でポップな写真におさめ、キムはインスタグラムで大々的に売り込んだ。すると瞬く間に売り切れとなり、芸能情報サイト『TMZ』によると発売からわずか4日で10億円超の売り上げを記録したというのだ。

このように「SNS=大切な宣伝メディア」と考えるのはキムだけではなく、友人パリス・ヒルトン(36)もインスタグラムを宣伝のため存分に利用していると告白済み。中にはずいぶん厳しいコメントも書きこまれているが2人はこれらをほぼスルーしており、キムについては大物セレブの批判ツイートには辛辣なコメントで反撃し、これもまたメディアの報道ネタになっている。それによってさらに多くの人々がキムのSNSに集まり、キムが売り出す商品を目にするという仕組みだ。また自身の写真を利用すれば有名モデルを起用せずにすみ、しかも無料のSNSであれば広告などに莫大な費用もかけずにすむ。しかも「目立つのが大好き」なキムの欲も存分に満たされるとあって、まさに良いことだらけなのだ。

「何の才能もない」と言われつつ、実は大変賢いビジネスウーマンであるキム。今回の香水も予想通り爆発的にヒットし、大満足しているに違いない。

画像は『Kim Kardashian West 2018年2月2日付Instagram「Tag your BFF or treat yourself because today’s the day!!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ