最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

欠点カバーのつもりだろうけど…「傍から見て大失敗」40代の3大NGメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いい出会いに恵まれ、男女の関係になっていくにあたっては「本命」として関係を構築していきたい40代女性が多いはず。

ところが悲しいかな、メイクのせいで男性に誤解されてしまい「この女性は、本気の恋愛は望んでいなそうだ」なんて、セカンド要員に分類されてしまう40代女性も。

メイクのテイストは、その人の印象を大きく左右するものだけに、恋のチャンスを掴みたいときほど、“本命”を意識したものにシフトしておきたいところです。

「ろくな男が寄ってこないのは、もしかしてメイクのせい!?」と感じた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「華やかなつもりが大失敗!」になりやすい、本命に選ばれない40代女性のメイクにまつわる3大特徴をお話します。

1:若い頃より控えめながらも「カラーコンタクト」を入れている




30代の頃にカラコン生活をしていた40代女性ほど、その“やめどき”が難しいものですが、カラコンを入れている目元は華やかな印象になるものの、まつ毛やアイラインなど目元メイクをどんなにナチュラルにしても、どこかに“ケバさ”を感じる男性が多めです。

最近では、大人でも使えるナチュラルな“盛り”を意識したカラコンもありますが、男性の目から見ると「カラコンはカラコン」となりやすく、ミーハー臭を強く感じ取る人も珍しくありません。

男性はいくつになっても、清潔感がある堅実な女性を本命にしたい傾向があるので、カラコンのせいで醸し出される“ミーハー感”は、どんなに美しい目元に仕上がっていても“あくまでも観賞用”となってしまう傾向もあるのです。

「華やかで美しい」からと言って、イコールで男性から見て「素敵」とはならない典型とも言えます。

2:下がってきた目元をフォローすべく「二重のり」や「二重テープ」を使っている




年齢とともに下がってきた“まぶた”が気になり、若い頃には不要だった“二重のり”や“二重テープ”が手放せなくなっている40代女性もいらっしゃいます。

実際、ぱっちりと開いた二重を演出でき、自前のまぶたよりも華やかにメイク映えする目元に仕上がるアイテムではありますが、こちらも40代女性がしてしまうとミーハー臭を醸し出すのに加え、美への執着が必死なイメージも加速するので、男性ウケは微妙です。

メイクの仕上がりが華やかすぎてしまうと、悪い意味で“プロ”のような様相を演出しやすく、男性から見ると「遊ぶにはよさそうだけれど、本気で付き合うのはちょっと……」となりやすいのです。

3:縦じわをカバーすべくやたら唇を強調したリップメイクをしている




“カラコン”や“二重のり”などの人工的なアイテムを使っていなくても、ちょっと気をつけたいパーツが“唇”です。

40代ともなると、唇の縦じわやくすみが気になるので、気合いを入れたい日ほどポッテリさせたくもなりますが、唇はそのままキスを連想させるパーツでもあるので、“盛りすぎ”は「誘っている」イメージから軽い印象を与えることがあります。

ボリュームアップさせるグロスやツヤツヤ感の強い重めテクスチャーの口紅などは、下品な印象を抱く男性も少なくなく、これらのリップメイクは、華やかな仕上がりになるのは間違いないものの、本命として選ばれにくいので、モテを狙うなら、やっぱりナチュラルが最強です。

華やかなメイクは写真映えしますし、パッと見で異性の目を惹きます。しかし「本命」として選ばれる女性がフランス人形のように華やかな女性とは限らない実態もあるので、年齢をフォローしようとした手法のせいで“ミーハー臭”のするメイクに感じさせてしまえば、真剣な恋愛を遠ざけてしまう要因になりかねません。

出会いの場や真剣なデートに備えようとすると、ついメイクに気合いが入りがちですが、華やかすぎるメイクのせいで男性が誤解してしまえば、残念なお話です。お心当たりのあった方は、“足し算”だけでなく“引き算”も加えたメイクで、モテを意識してみてください。

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス