最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

客は1人なのに、なぜかレジを2つ開けているセブン-イレブン 理由が「優しい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
コンビニエンスストア(以下、コンビニ)の最大手、セブン-イレブン。

※写真はイメージ

数多くの商品がそろっているのはもちろん、オリジナルの惣菜やスイーツなどのクオリティも高く、「日常的に利用している」という人も少なくありません。

しかし、人気の理由は「ただ、商品が充実しているから」だけではないようです。

あるサラリーマンが目撃したセブン-イレブンの店員は、ちょっとした気遣いができるステキな人でした。

客は1人なのにレジを2つ開ける理由

ある男性サラリーマンは、昼食後にいつもセブン-イレブンでコーヒーを購入します。

※写真はイメージ

早速、店に入り、コーヒーを注文しようとレジへ。すると、1人の女性がレジで会計をしていました。

そのセブン-イレブンは、駅に近いこともあり、いつも店員が忙しそうに動いています。レジに1人しか客がいなければ、2つあるレジの1つを閉め、品出しなどの業務を行っているのが常。

しかし、この時は客が1人しかいないにも関わらず、レジを2つ開けていました。サラリーマンは「なんでだろうな?」と思いつつも、深くは考えずに開いているレジへ。

会計を済ませ、コーヒーマシンにカップをセットして、コーヒーが抽出されるのを待っていました。

※写真はイメージ

なにげなく、もう1つのレジを見ていた男性。

そして、客が1人しかいないのに店員がレジを2つ開けている理由に気付きます。

※写真はイメージ

支払いをしている人、つまり1人しかいなかった客は障がいを持った女性だったのです。

雑誌を買おうとしているその女性は、小銭をゆっくりと数え、1枚ずつ店員に渡しています。ゆっくりとした動作だったため、サラリーマンの男性が店を出る際もまだ会計をしていました。

そんな女性に、優しい笑顔で対応している店員。また、ほかの客がスムーズに会計できるように、もう1つのレジも開けたままでした。

サラリーマンの男性は、こう語ります。

もしかしたら、いつも来ている女性なのかもしれません。店員は「ゆっくりで大丈夫ですよ」と声をかけていました。

私は一見しただけでは、女性が障がいを持ったかただとは気付けませんでした。ただ、もし私が後ろに並んだら女性にとってはプレッシャーになっていたでしょう。

ほかの仕事の手を止めても、別のレジを開け、ストレスなく買い物ができるようにしていたんですね。

仕事の効率だけでなく、客がストレスなく買い物できるように配慮した店員の振る舞い。

セブン-イレブンの人気の理由は、こんなちょっとした気遣いにあるのかもしれないですね!


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス