佐藤二朗、佐久間由衣の暴露に「恥ずかしいやんけー!!」

2月28日(水)夜10時からNHK BSプレミアムで放送される、埼玉発地域ドラマ「越谷サイコー」の試写会が行われ、佐久間由衣、佐藤二朗、竹下景子が出席した。

同作は、伝統ある家から出たい孫娘・加奈子(佐久間)、その家に愛着のある祖母・吉枝(竹下)、その家に住み着く先祖の幽霊・伝助(佐藤)、三つの世代が織りなすホームコメディー。

住宅販売会社に勤める加奈子を演じた佐久間は、「主演ということも、加奈子という役柄も“挑戦”でした。今までは追い詰められている役や、夢を見ている子の役を演じることが多かったので、普通の価値観を持っている子を演じることが挑戦でしたね」と明かした。

そんな佐久間の印象を尋ねられた佐藤は、「とにかくかわいい、本当にかわいい、声もかわいい」と褒めちぎり、竹下も「かわいい孫でした」とべた褒め。そんな二人のコメントに、佐久間ははにかんだ。

また、コメディー要素の強い作品ということで、数々のコメディー作品に出演経験のある佐藤の話題に。

竹下は、「伝助は二朗さんに当てて書かれているのかな、と思うくらい自然と伝助になっていて…。アドリブという感じではなく、台本の上で遊んでいて、いい緊張感の中で撮影できました」と佐藤のコメディーセンスを絶賛した。

また、“アドリブが多そうな方”と思っていたという佐久間は「アドリブをするときは“次はこうするよ”って教えてくださるので、その場で困るということはありませんでした」と暴露。それを聞いた佐藤はたまらず「恥ずかしいやんけー!!」と絶叫していた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136445/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス