最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“2.5次元”舞台「おおきく振りかぶって」、注目の若手俳優が高校球児に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


去る2月2日(金)、サンシャイン劇場にて舞台「おおきく振りかぶって」が開幕。当日昼に、囲み取材とゲネプロが行われた。

原作は、ひぐちアサによる同名の漫画。類稀な制球力を持つも人一倍弱気なピッチャー・三橋廉が、創部したばかりの西浦高校硬式野球部に入部し、部員とともに成長していく姿を描く。

頭脳派キャッチャー・阿部隆也と絆を深めていく様子など、日常風景や心理描写も丁寧に描かれているところが特長で、原作コミックは累計発行部数1000万部以上、第10回手塚治虫文化賞新生賞や第31回講談社漫画賞一般部門を受賞しており、’07年にはアニメ化もされている息の長い人気作だ。

本作は、いわゆる“2.5次元”舞台。キャラメルボックスの劇作家・成井豊が、初めて手がける漫画原作の舞台という点でも注目が集まっている。

囲み取材には、『仮面ライダーゴースト』で主役を演じた西銘駿(三橋廉 役)をはじめ、猪野広樹(阿部隆也 役)、久住小春(百枝まりあ 役)、白又敦(花井梓 役)、納谷健(田島悠一郎 役)、そして成井豊が登壇。作品や役づくりについて語った。

本作が2度目の舞台だという西銘は、最初こそ緊張した様子だったが、舞台経験豊富な先輩に支えられ徐々にほぐれてきた様子。「絆も深まって、いいカンパニーになりました」と笑顔で告げたほか、「原作で表しきれない三橋の細かな感情を、舞台上で表現できていると思います。見どころは全部です」と、生身で演じる2.5次元ならではの強みをアピールした。

猪野は「憧れていたキャラメルボックスさんの舞台に立たせていただけた」と、成井にペコリ。「好きだからこそ、稽古場でも舞台上でも闘って走り抜こうと」と、改めて誓っていた。ちなみに、野球歴はないそうだが「(いざやってみると)まあ打てましたね。センスあるなーって思いました」と冗談めかして言い、笑いを誘う場面もあった。

白又は、「西浦の好きなシーンは練習風景。高校球児らしさが描かれていると思うのでぜひ確かめてもらいたいです」とおすすめの描写を紹介。役に合わせて切ったという坊主頭を披露し、気合いの程をみせつけた。

そして「稽古終わりに、みんなで野球をするのが楽しかったです。柔らかいボールとバットを使って」と裏話を披露したのは、納谷。「そういった中で一つになれているなと感じる瞬間がたくさんあったので、いい舞台にできると思います」と振り返った。取材中も、5人で笑顔を浮かべる場面が多々。厳しい稽古の日々を明るく乗り越えた彼らの結束が感じられた。

そんなカンパニーと“一緒に舞台を作り上げた”と話したのは、脚本演出の成井。野球場よりもはるかに小さな舞台の上で、ベースランニングなどの躍動感を表現することが「難しかった」としたうえで、「どうすればいいか、役者のみんなにもアイディアを出してもらいました。結果、おそらくちゃんと野球の試合に見えているんじゃないかと思います」と、確かな手応えを伝えた。

ゲネプロで観た試合風景は、その言葉を証明するものに。スポーツものらしい豪快な動きと、原作由来の繊細な心理描写が掛け合わさり、思わず手に汗握る熱い試合展開となっていた。クスリと笑えるやりとりもあり、隅々まで楽しい作品に仕上がっている。

「サンシャイン劇場を夏に変える」(納谷)という宣言通り、場内は熱闘空間。高校野球たちの青春の1ページ。あなたも覗いてみては? 舞台「おおきく振りかぶって」は、池袋・サンシャイン劇場にて2月12日(月・祝)まで上演される。

<取材・文・撮影/松本まゆげ>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス