最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

庄司智春、ミキティの“アメとムチ”を明かす インフル回復時は「そろそろ働かなきゃ駄目だよね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スヌーピーミュージアム バレンタインスペシャルイベント」が6日、東京都内で行われ、タレントの木下優樹菜、お笑い芸人の庄司智春(品川庄司)が出席した。

この日は、間近に迫ったバレンタインデーについてのトークが展開された。

妻・藤本美貴との思い出を尋ねられた庄司は「付き合っている当初は、中から生チョコがトロ~ッと出てくるような結構凝ったものを作ってくれた。でも、去年もらったのはカチカチのケーキ。『ちょっと失敗しちゃった』って。昔なら作り直してくれたけど、今はしてくれない」と寂しげにつぶやいた。

それを聞いた木下は、「そこまで旦那さんに時間を使えない。『作ってくれるだけ、ありがたいと思え』という感じですよね」と“妻目線”で本音を漏らし、笑いを誘った。

また、約2週間前にインフルエンザにかかったという庄司は「みっちり仕事が入っていたのをキャンセルして、丸5日間休んだ。ミキティ(藤本)は、ずっと優しく看病してくれたけど、僕が治った6日目の朝、ご飯を食べながら『そろそろ働かなきゃ駄目だよね。家のローンもあるしね』と言われてしまい…」と家庭内でのやり取りを再現し、「あの5日間の優しさは何だったんだろう…。締めるところは、締めるというか」と苦笑いだった。

一方、木下は、夫の藤本敏史(FUJIWARA)とけんかをしたときに「彼が大事にしていたビンテージの置物を勝手に売ってしまったことがある」と“鬼嫁”エピソードを披露した。

それでも、最後は「こうやって言ってはいるけど、子どものこととかでも、いざという時は一家の大黒柱として、頼りにしているし、したいなって思っています」と夫への厚い信頼を口にした。

これに「泣きそう…」と感動した様子の庄司は「子どものことを一緒に話したりするのって、恋人同士ではなかった会話じゃないですか。そんな時には“やっぱりこの人と結婚して良かったな”“家族になって良かったな”ってお互いに思います」と語った。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス