ぴあ映画初日満足度ランキング やっぱり仮面ライダーは強し!

OVO

2018/2/6 14:36


 ぴあ映画生活(ぴあ・東京)は、2月1日、3日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

それによると、第1位は『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーブレイブ&スナイプ』。テレビシリーズ「仮面ライダーエグゼイド」で描かれなかった物語を3部作で映画化する第1弾だ。「映画のほうがもっとおもしろくて、テレビで観ていたときよりも、大我(スナイプ)が強くなっていたのがすごかった!」(6歳・男子)といった声が出ていた。

第2位は、俊英と名高いマーティン・マクドナーがメガホンを取り、アメリカの田舎町を舞台に3つの立て看板が巻き起こす騒動を描くクライムサスペンス『スリー・ビルボード』。第3位は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した同名漫画を、吉田大八監督が錦戸亮主演で映画化した『羊の木』だった。

************************************

1位『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーブレイブ&スナイプ』92.1点

2位『スリー・ビルボード』88.0点

3位『羊の木』86.8点

4位『ローズの秘密の頁(ページ)』86.4点

5位『不能犯』85.8点

6位『巫女っちゃけん。』85.2点

7位『THE PROMISE/君への誓い』84.3点

8位『アバウト・レイ 16歳の決断』83.1点

9位『スリープレス・ナイト』80.5点

10位『苦い銭』76.4点

(2月3日ぴあ調べ)

************************************

ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。

あなたにおすすめ