最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

歴史の深さと現在の勢いを示す! 「NBCユニバーサル」大規模フェスを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月3日、さいたまスーパーアリーナで「NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL」が開催された。本フェスはアニメ映像/音楽メーカーであるNBCユニバーサルが、前身レーベルの「パイオニアLDC」でアニメ作品をリリースし始めてから、25周年になることを記念して開催されたもの。

アニメソングのフェスはさまざまな形で開催されているが、1レーベルによるフェスで総勢23組のアーティストが登場し、合計で86曲を披露するという規模は他に例を見ない規模。6時間に及んだ公演は、現在第一線で活躍するアーティストやレジェンドたち、そして今年から同レーベルに加わる新しいアーティストたちによって彩られ、改めて「NBCUniversal」の積み重ねてきた歴史の深さと現在の勢いをシーンに示すものとなった。

会場が暗転し、スクリーンには「アニメとともに歩み続けた25年の歴史」の文字が踊り、大歓声のなかトップバッターとして登場したのは、先日ホールツアーを終えたばかりのfripSide。同レーベルのイメージカラーのひとつでもある青のドレスを纏ったボーカルの南條愛乃は、代表曲でもある「only my railgun」を熱唱し、その歓声を受け止める。そこから「とある科学の超電磁砲」シリーズのメドレー、2月28日発売の新曲「killing bites」(アニメ『キリングバイツ』OP)をお披露目し、黒崎真音へとバトンタッチする。

「私はもともとアニメソングを歌いたいという思いがあり、NBCさんに見つけていただいて、今ここに立たせていただいています。『ありがとう』という言葉では足りないくらいの思いがあります。それを歌で皆さんに伝えたい」と叫ぶ黒崎は、「グリザイア」シリーズのメドレーのあと、代表曲のひとつ「メモリーズ・ラスト」を満面の笑みでセンターステージで熱唱する。

入れ替わりにメインステージに姿を表したのはやなぎなぎ。フェスの中にあっても彼女は自身の世界観で大きな会場を包み込み、確かな歌声を隅々まで行き届ける。『凪のあすから』のED主題歌を2曲歌った後、 2月21日発売の新曲「間遠い未来」(『覇穹 封神演義』ED)では異国情緒をたっぷりと感じさせながら、新曲を初披露して、アイドルユニット・Luce Twinkle Wink☆にバトンを渡す。

Luce Twinkle Wink☆は、5人それぞれのイメージカラーに合わせたサイリュームがカラフルに照らされる中、『Fight on!』(『ゲーマーズ!』ED)で美しい5人のハーモニーを響かせて、一気に賑やかなモードに。軽やかに自己紹介をした後、センターステージで宝石のようなパフォーマンスを披露しつつ「1st Love Story」(『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』OP)を熱唱した。

再び会場にはVJの映像が流れ、「歴史を体感せよ」の文字が並ぶと、ここからは同レーベルの名作をカバーするゾーンに突入する。流田Projectの演奏をバックにKOTOKOはOVA『天地無用! 魎皇鬼』第二期OPテーマ「ぼくはもっとパイオニア」を歌い、やなぎなぎとのデュエットで『ef - a tale of memories.』のOPテーマという豪華コラボが展開される。流田Projectは「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」、「インフェルノ」(『ベルセルク』OP)をここぞとばかりに激しく歌い上げる。やなぎなぎとGeroの異色コラボで歓声を呼んだ「いちごコンプリート」(『苺ましまろ』OP)の後は、KOTOKO・黒崎真音・南條愛乃がアニメ『絶対可憐チルドレン』の可憐girlsの衣装で登場。同フェスの特番に端を発した「真音ガールズ」として同作EDテーマ「Over The Future」を歌い、大歓声を浴びた。

桃井はるこは「撲殺天使ドクロちゃん」、「大魔法峠」と「邪道魔法少女」シリーズのカバーから自身の代表曲『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』のOP主題歌「愛のメディスン」とハイテンションに繋げ、会場をひとつにした。

つづくゲストアーティストとして登場した声優の水瀬いのり・小澤亜李・原田彩楓・本渡楓らはLuce Twinkle Wink☆のメンバーとともに、『がっこうぐらし!』、『うらら迷路帖』、『ご注文はうさぎですか?』の楽曲をそれぞれ歌い、「Daydream café」では9人によるスペシャルで可愛さいっぱいのステージを展開した。

休憩をはさみ、VTRの煽りに乗せて登場したのはALTIMA。1年半ぶりの限定復活の思いをそれぞれに述べ、代表曲「CYBER CYBER」で大いに盛り上げた後は、KOTOKOとのコラボで「90年代のテイストをたっぷりに」、「天地無用!」のカバーを歌う。その後、シルエットが映ると間もなく黄色い歓声がステージに飛ぶ。登場したのは浦島坂田船。「SHOW MUST GO ON!!」(『スタミュ』第2期OP)を綺羅びやかな衣装で爽やかに歌うと、つづいてはこちらも多くの女性からの歓声が飛ぶAfter the Rainが登場。2作同時リリースとなったシングル「解読不能」(『アトム ザ・ビギニング』OP)、「アンチクロックワイズ」(『クロックワーク・プラネット』ED」)を歌った後、メンバーのまふまふが作曲をした「君氏危うくも近うよれ」を、浦島坂田船のメンバーとともに6人で熱唱し、女性たちからの歓声を一身にに受け止め、お祭り感の溢れるステージを作り上げた。

つづいて登場したGeroはその熱気を受け止め、自身の熱い歌声に変えてハイスピードチューンの「BELOVED×SURVIVAL」(『BROTHERS CONFLICT』OP)を歌い上げていく。彼のパーソナルカラーである緑に染まった会場をハイトーンシャウトで煽り、「~Outgrow~」(『東京レイヴンズ』OP)へとなだれ込み、個性あふれる節回しでオーディエンスに聴かせていた。

ここでVTRに「2018年新人のデビュー」の文字が踊る。歓声に迎えられて登場したのは4月より放送のTVアニメ『魔法少女サイト』のEDテーマでNBCよりソロデビューが決定した声優の山崎はるか。黒をベースに赤いフリルの衣装で登場した彼女はキャラクターソングとして歌った「僕ら、駆け行く空へ」(『劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH』OP)を、力強くもあり切なさも帯びた声で表現しつつ、歯切れ良いボーカルで歌い、これからの活動に期待を持たせるに十分なパフォーマンスを見せた。

つづいてもうひとり、NBCファミリーに加わるアーティストが表示される。その人物とは声優アーティストとして活躍する飯田里穂だった。「GAMERS!」(『ゲーマーズ!』OP)のカバーを、大舞台を経験した彼女らしく堂々たるステージングで披露し、ラストも「私とみんなの最初のジャンプ」とキメて、こちらも大歓声に追われてステージを後にした。

続いて登場したのはNBCと同じく今年で歌手生活25周年を迎えるというベテランの石田燿子。温かみのあるサウンドと声で世界観を作った後、彼女は「同期や仲間という感じ」と語り、歓声を受けた後「永遠の花」(『藍より青し』OP)ほか2曲をしっとりと歌い上げた。

続いて「disillusion」(『Fate/stay night』前期OP)のイントロが流れると間もなく大きな歓声が会場を包む。白いドレスを纏いタイナカサチが登場しピアノを弾き語り雰囲気たっぷりに歌い上げると、会場から自然と拍手が発生するほどの世界観を繰り広げる。MCで「2006年に閉じ込めたまま独り占めしていましたが、今日この会場で皆さんと一緒に解放できることをすごく嬉しく思っています」と語ると、大きな拍手を浴びて「きらめく涙は星に」(『Fate/stay night』後期OP)を圧倒的な歌唱力で披露し、強い存在感を放った。

NBCの歴史において欠かせないのがサウンドクリエイターチーム・I'VEの存在。高瀬一矢がDJをする中、登場したIKUは「Red fraction」(『BLACK LAGOON』OP)、「sign」(『あの夏で待ってる』OP)とI'veの名曲をカバー。

つづいて2010年代の楽曲を各アーティストが入れ替わり披露して盛り上げた後、ついに登場したのは、ファンの後押しによって一夜限りの復活を遂げた川田まみ。I'veの歌姫の一人として長く活躍し、約2年前に歌手活動を引退した彼女は代表曲「JOINT」(『灼眼のシャナII』OP)をいきなりの投入。会場のファンは待ってましたとばかりにサイリウムを点燈させる。ブランクをまったく感じさせない堂々たる歌声に、そして歌い上げたあと充実感に溢れ突き上げた彼女の拳に、会場からはしばらく拍手が鳴り止まない。NBCファミリーとしてまたステージで歌うことへの感謝を述べ、「とある魔術の禁書目録」シリーズの主題歌をメドレーで歌った後、MCでこの2年間の近況として、彼女自身の口から結婚と出産が報告されると大歓声が沸き起こった。「パワフルになった川田まみでまた違う形で何か皆さんにお届けできたら」と語るとまた大きな拍手が会場を包む。そしてより熱のこもった声援の中、「Borderland」(『ヨルムンガンド』OP)、「No buts!」(『とある魔術の禁書目録II」前期OP)と次々にドロップ。文字通り火柱が上がりスタイリッシュなサウンドに熱を入れるその姿勢が彼女がファンからもアーティストからもリスペクトを受ける理由といえよう。

次に登場する南條愛乃は川田と抱擁を交わしてソロアーティストとしてのステージングを展開する。「グリザイア」シリーズのEDテーマを3曲立て続けに歌い、その後やなぎなぎ、After the Rainとのコラボ楽曲も展開し、さわやかでメロディアスな楽曲を多彩に歌いこなす。アリーナの大観衆に囲まれて歌う彼女はソロアーティストとしても堂々たる歌声を響かせる。

そしてこの日の締めくくりとして壇上に登場したKOTOKOはパワフルかつ堂々たる声で「Re-sublimity」(『神無月の巫女』OP)を歌い、得意のロングトーンからさらにもう一段階高く歌い上げ歓声を浴びる。『マリア様がみてる 3rdシーズン』の2曲ではしっとりと歌い対照的な姿を見せ、次は「全部の力を使い切って!」と大きく煽ってセンターステージに向かい『ハヤテのごとく!』主題歌のメドレーを展開する。暗転中にもコールが止まないなか、彼女はMCで、14年前にジェネオンレーベルの第一弾アーティストとしてデビューしたときのようすを語る。そして彼女の口から「来年15周年に向けて、またNBCさんにお世話になることになりました」と発表すると大きな歓声が湧き、「『原点回帰、そして新たなる挑戦』を掲げてまた作品作りに取り組んでいきます!」と力強く述べた。そして最後に大人気曲の「being」(『灼眼のシャナ』OP)を、ウルトラオレンジに囲まれて熱く、どこまでも高く届くロングトーンで歌い上げて締めくくった。

エンディングのゾーンでは「マツケンサンバII」(これもジェネオンレーベルで発売された楽曲で25周年の歴史の一部)に乗せてMOTSUと八木沼悟志が司会を努めるなか、出演者が総登場。オールスターで「only my railgun (NBCFes.ver.)」を歌い、この日のために特別に作られたアレンジで男女やそれぞれの個性を感じさせる層の厚い歌声で、観客も熱唱する中、最高潮の盛り上がりを見せて約6時間にわたって繰り広げられた「NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL」は大成功の中、幕を下ろした。

○●「NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL」セットリスト

M-01「only my railgun」(「とある科学の超電磁砲」前期OP)/fripSide
M-02「LEVEL5 -judgelight-」(「とある科学の超電磁砲」後期OP)/fripSide
◇「とある科学の超電磁砲」メドレー
*M-03「future gazer」(OVA「とある科学の超電磁砲」OP)/fripSide
*M-04「way to answer」(PSP 「とある科学の超電磁砲」OP)/fripSide
*M-05「sister's noise」(「とある科学の超電磁砲S」前期OP)/fripSide
*M-06「eternal reality」(「とある科学の超電磁砲S」後期OP)/fripSide
M-07「killing bites」(「キリングバイツ」OP)/fripSide
M-08「Two souls-toward the truth」(「終わりのセラフ 名古屋決戦編」OP)/fripSide
M-09「black bullet」(「ブラック・ブレット」OP)/fripSide
M-10「X-encounter」(「東京レイヴンズ」OP)/黒崎真音
◇「グリザイア」メドレー
*M-11「刹那の果実」(「グリザイアの楽園」OP)/黒崎真音
*M-12「楽園の翼」(「グリザイアの果実」OP)/黒崎真音
M-13「UNDER/SHAFT」(「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」OP)
M-14「メモリーズ・ラスト」(「とある魔術の禁書目録II」後期ED)/黒崎真音
M-15「ユキトキ」(「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」OP)/やなぎなぎ
◇「凪のあすから」メドレー
*M-16「アクアテラリウム」(「凪のあすから」前期ED)/やなぎなぎ
*M-17「三つ葉の結びめ」(「凪のあすから」後期ED)/やなぎなぎ
M-18「間遠い未来」(「覇穹 封神演義」ED) /やなぎなぎ
M-19「over and over」(「Just Because!」OP) /やなぎなぎ
M-20「Fight on!」(「ゲーマーズ!」ED)/Luce Twinkle Wink☆
M-21「1st Love Story」(「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」OP)/Luce Twinkle Wink☆
◇「25周年スペシャルメドレー」BAND:流田Project
*M-22「天地無用! 魎皇鬼のテーマ」(OVA「天地無用! 魎皇鬼」第一期OP)/流田Project
*M-23「ぼくはもっとパイオニア」(OVA「天地無用! 魎皇鬼」第二期OP)/KOTOKO
*M-24「euphoric field feat. ELISA」(「ef - a tale of memories.」OP)/KOTOKO×やなぎなぎ
*M-25「輪廻の果てに…」(「真月譚 月姫」ED)/やなぎなぎ
*M-26「遠い叫び」(「serial experiments lain」ED)/Gero
*M-27「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」(「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」OP)/流田Project
*M-28「インフェルノ」(「ベルセルク」第1期OP)/流田Project
*M-29「はっぴぃ にゅう にゃあ」(「迷い猫オーバーラン!」OP)/宇佐美幸乃&錦織めぐみ&板山紗織(Luce Twinkle Wink☆)
*M-30「いちごコンプリート」(「苺ましまろ」OP)/やなぎなぎ×Gero
*M-31「まほろDEまんぼー」(「まほろまてぃっく」ED)/深沢紗希&桧垣果穂(Luce Twinkle Wink☆)×流田豊
*M-32「Over The Future」(「絶対可憐チルドレン」OP)/KOTOKO×黒崎真音×南條愛乃
M-33「撲殺天使ドクロちゃん」(「撲殺天使ドクロちゃん」OP)/桃井はるこ
M-34「大魔法峠」(「大魔法峠」OP)/桃井はるこ
M-35「愛のメディスン」(「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」OP)/桃井はるこ
M-36「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」(「がっこうぐらし!」OP)/小澤亜李×水瀬いのり×板山紗織&宇佐美幸乃(Luce Twinkle Wink☆)
M-37「夢路らびりんす」(「うらら迷路帖」OP)/原田彩楓×本渡楓×桧垣果穂&錦織めぐみ(Luce Twinkle Wink☆)
M-38「ぽっぴんジャンプ♪」(「ご注文はうさぎですか?」ED)/水瀬いのり×板山紗織&深沢紗希(Luce Twinkle Wink☆)
M-39「ときめきポポロン♪」(「ご注文はうさぎですか??」ED)/水瀬いのり×板山紗織&深沢紗希(Luce Twinkle Wink☆)
M-40「Daydream café」(「ご注文はうさぎですか?」OP)/小澤亜李×原田彩楓×本渡楓×水瀬いのり×Luce Twinkle Wink☆
~休憩~
M-41「CYBER CYBER」/ALTIMA
M-42「天地無用!」(「天地無用!」OP)/ALTIMA×KOTOKO
M-43「SHOW MUST GO ON!!」(「スタミュ」第2期OP)/浦島坂田船
M-44「解読不能」(アトム ザ・ビギニング」OP)/After the Rain
M-45「アンチクロックワイズ」(「クロックワーク・プラネット」ED)/After the Rain
M-46「君氏危うくも近うよれ」(「おそ松さん」第2期OP)/After the Rain×浦島坂田船
M-47「BELOVED×SURVIVAL」(「BROTHERS CONFLICT」OP)/Gero
M-48「~Outgrow~」(「東京レイヴンズ」後期OP)/Gero
M-49「僕ら、駆け行く空へ」(「劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」OP)/山崎はるか(シークレット)
M-50「GAMERS!」(「ゲーマーズ!」OP)/飯田里穂(シークレット)
M-51「OPEN YOUR MIND ~小さな羽根ひろげて~」(「ああっ女神さまっ」OP)/石田燿子
M-52「永遠の花」(「藍より青し」OP)/石田燿子
M-53「disillusion」(「Fate/stay night」前期OP)/タイナカサチ
M-54「きらめく涙は星に」(「Fate/stay night」後期OP)/タイナカサチ
◇~I'VE SPECIAL UNITメドレー~DJ高瀬一矢
*M-55「Red fraction」(「BLACK LAGOON」OP)/IKU
*M-56「sign」(「あの夏で待ってる」OP)/IKU
*M-57「ビードロ模様」(「あの夏で待ってる」ED)/やなぎなぎ
*M-58「ひぐらしのなく頃に」(「ひぐらしのなく頃に」OP)/やなぎなぎ
*M-59「Magic∞world」(「とある魔術の禁書目録II」前期ED)/黒崎真音
*M-60「楽園PROJECT」(「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」OP)/宇佐美幸乃(Luce Twinkle Wink☆)
*M-61「14 to 1」(「BROTHERS CONFLICT」ED)/Gero
*M-62「Rimless~フチナシノセカイ~」(「とある魔術の禁書目録」前期ED)/IKU
*M-63「Shining stars bless☆」(「ななついろ★ドロップス」OP)/IKU
*M-64「さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~」(「カラフルキッス ~12コの胸キュン!~」主題歌)/KOTOKO
*M-65「Suppuration -core-」(「神無月の巫女」挿入歌)/KOTOKO
M-66「JOINT」(「灼眼のシャナII」前期OP)/川田まみ
◇「とある魔術の禁書目録」メドレー
*M-67「PSI-missing」(「とある魔術の禁書目録」前期OP)/川田まみ
*M-68「masterpiece」(「とある魔術の禁書目録」後期OP)/川田まみ
*M-69「See visionS」(「とある魔術の禁書目録II」後期OP)/川田まみ
M-70「Borderland」(「ヨルムンガンド」OP)/川田まみ
M-71「No buts!」 (「とある魔術の禁書目録II」前期OP)/川田まみ
M-72「あなたの愛した世界」(「グリザイアの果実」ED)/南條愛乃
M-73「黄昏のスタアライト」(「グリザイアの楽園」ED)/南條愛乃
M-74「きみを探しに」(「グリザイアの楽園」ED)/南條愛乃
M-75「一切は物語」(「ベルセルク」第2期ED)/南條愛乃×やなぎなぎ
M-76「光のはじまり」(「アトム ザ・ビギニング」ED)/南條愛乃×After the Rain
M-77「ゼロイチキセキ」(「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」ED)/南條愛乃
M-78「Re-sublimity」(「神無月の巫女」OP)/KOTOKO
M-79「きれいな旋律」(「マリア様がみてる 3rdシーズン」ED)/KOTOKO
M-80「Chercher ~シャルシェ~」 (「マリア様がみてる 3rdシーズン」ED)/KOTOKO
M-81「覚えてていいよ」/KOTOKO
M-82「ハヤテのごとく!」(「ハヤテのごとく!」前期OP)/KOTOKO
M-83「七転八起☆至上主義!」(「ハヤテのごとく!」後期OP)/KOTOKO
M-84「daily-daily Dream」(「ハヤテのごとく!!」後期OP)/KOTOKO
M-85「being」(「灼眼のシャナ」後期OP)/KOTOKO
【ALL ARTIST】
M-86「only my railgun」(NBCFes. ver)(ALL CAST)

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス