ボーイング、737 MAX 7をロールアウト 2019年引き渡しへ

Traicy

2018/2/6 14:16

ボーイング737 MAX 7ボーイングは、アメリカ・ワシントン州のレントン工場で、ボーイング737 MAX 7をロールアウトした。

ボーイング737 MAX 7は、ボーイング737 MAXシリーズの中で最も胴体が短い機種。最大で172席を設けることができる。飛行可能距離は3,850海里。座席当たりの燃料コストはボーイング737-700型機を比べて18%減少する。

今後数週間以内に飛行試験を開始し、2019年にもサウスウエスト航空に初号機が引き渡される見通し。すでにボーイング737 MAX 8は商業運航を開始しており、ボーイング737 MAX 9は数ヶ月以内に引き渡しを開始することを予定している。

あなたにおすすめ