最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夏帆、女子アナウンサーを演じる「独特の雰囲気や佇まいがあって」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年公開予定の映画『きばいやんせ!私』の製作発表記者会見が5日、都内で行われ、主演の夏帆をはじめ、太賀、愛華みれ、榎木孝明、武正晴監督、脚本家の足立紳、嶋田豪プロデューサーが出席した。

映画『きばいやんせ!私』の製作発表記者会見に出席した夏帆、太賀(左から)

夏帆主演の本作は、2014年に公開して大ヒットを記録した映画『百円の恋』の武正晴監督と脚本家・足立紳の名コンビによる最新作。日本本土最南端の町、鹿児島県の南大隅町を舞台に、将来を見失っていたテレビウーマンが町の奇祭を取材する過程で成長していく様を描くヒューマン・コメディとなっている。

3月のクランクインまで1カ月となったこの日は、キャスト陣と製作陣が勢揃いして記者会見。主人公の貴子を演じる夏帆は「武監督と足立さんの映画にお声を掛けていただいてとれもうれしく思っています。本がとても面白くて、演じる貴子はとても魅力的なんですが、難しいなとも感じています。撮影まで1カ月あるので、きちんと準備をして臨みたい」と意気込みを。劇中で演じる貴子は女子アナウンサーだが、「アナウンサーって独特の雰囲気や佇まいがあり、そういうところをきちんと表現するために今は実際のアナウンサーの方とお会いして、喋りを勉強しています」と役作りに抜かりはないようで、ロケ地となる鹿児島の南大隅町では「食とお酒はすごく楽しみにしています。でも、飲みに行ける時間があるのかな?(笑) 知らない土地に行くのは楽しみなので、鹿児島という街をしっかりと堪能していたいですね」と今からロケが待ち遠しい様子だった。

その夏帆が扮する貴子と幼なじみの太郎役を演じるのが太賀。「夏帆さんとは同じ事務所で同世代でもありますが、こうやってガッツリ共演するのは初めてです」と明かしつつ、「普段の夏帆さんは知っているんですが、役者として対峙することが楽しみで、素敵な女優さんということは端から見て分かっているので、一緒に映画を作ることになって幸せに思っています」と夏帆との共演を喜んでいた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス