有村架純「“母親役”を演じられる年になったんだなぁ」万感の思い明かす

地方のローカル線を舞台に、人と人とのつながりや、自分の生き方を見詰め直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気映画シリーズ「RAILWAYS」の最新作である、2018年に全国公開の有村架純主演映画「かぞくいろ」。撮影現場で合同取材会が行われ、有村らが登壇した。また、メーキングカットも解禁された。

本作は、熊本・八代~鹿児島・川内を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」を舞台にした、シリーズ初となる女性運転士の物語。主人公・晶役に有村、また、晶の義父・節夫役に國村隼、晶の息子の担任教師・佐々木ゆり役に桜庭ななみと、世代を超えた多彩なキャスト陣で物語を描く。

1月10日にクランクインし、都内ロケを経て現在は九州西海岸の雄大で美しい風景が広がる肥薩おれんじ鉄道沿線での撮影が順調に進んでいる本作。このたび撮影現場で行われた合同取材には、有村、國村、桜庭の他、有村演じる晶の息子であり、節夫の孫・駿也役の歸山竜成も参加した。

主演の有村は「奥薗晶を演じさせていただいております、有村架純です。本当に一つ一つのシーンを、監督が一生懸命私たちを演出してくださって、私たちもそれに一生懸命応えたいという思いでやっていて、すてきなシーンがたくさん出来上がったらいいなぁと思っています」とあいさつ。

続けて「家族再生のお話ですので、見てくださる方に晶の葛藤や奮闘を見守ってもらいたいですし、駿也も本当に毎日、毎シーン全力でやっているので、晶と駿也の関係性も楽しみにしてもらえたらいいなと思います。残りわずかですが、精いっぱい頑張りたいと思います」と、撮影への意気込みを語った。

一方、晶の義父・節夫役の國村は「私は晶という自分の息子の後妻さんが、いきなり孫を連れて訪れるという、初めての役といってもいい節夫さんを演じています。さらにRAILWAYSというこの鉄道の映画を今回は肥薩おれんじ鉄道さんに全面的に協力いただいています。

おれんじ鉄道の沿線の景色もいっぱいにこの映画の中に映し込めて、皆さんに見ていただくことができると思います。色んな意味でこの『かぞくいろ』を楽しんでいただける映画になると思います」と実感を込めて語った。

さらに、映画の舞台である鹿児島出身の桜庭は「ゆりという役は駿也君の担任の先生、そして子供ができる一人の女性なのですが、初めてのことだらけで、ゆり先生と一緒に私も成長できたらなと思いながら撮影を頑張っています。

私は鹿児島出身で、小さいときにおれんじ鉄道に乗ったりしていました。そういった意味でおれんじ鉄道が主役となる、この映画に参加できるということがすごくうれしいです」と喜びを語った。

また、歸山は「この撮影が始まる前からもリハーサルや、電車のことをたくさん調べて、役作りをすごく頑張ってきました。撮影はその日のカットが全部終わると、『終わったぁ、やったぁ!』と思うけれど、あらためて思うとまた最初のシーンに戻りたいなと(終わるのが)すごく寂しくなってきています」と哀愁たっぷりに振り返った。

あらためてオファーを受けた感想を、有村は「私はもうすぐ今月で25歳になり、母親役を演じられる年になったんだなぁと思いますし、自分の演じる役の幅が少し広がる年齢になったんだなぁとも実感し、とてもうれしく思っています。

でも実際に駿也を晶が生んだわけではないので、その複雑な血のつながっていない・血縁関係のない親子という晶の戸惑いと私自身が感じる戸惑いはきっと一緒のような気がしました。そこをあまり考え込むというよりは、友達にも見えるし、姉弟にも見えるし、そういった関係が築ければいいなと思っています」としみじみと語る。

同じく母親役の桜庭は「とても難しい役に向き合いながら撮影を頑張っています。晶さんは実際に自分の生んだ子供ではなくて、血のつながっていない子供を育てながらというところでたくさんの戸惑いがあると思います。

私が演じるゆりも相手に家庭がある中で、子供ができるという役を演じているので、架純ちゃんと一緒のシーンはお互いの役柄に1つでも勇気を与えられるような励まし合うようなシーンになっているので、毎シーン緊張感があります。実際にも架純ちゃんとは同い年なので、現場では話し合いながら25歳同士頑張っています」と明かす。

また、「肥薩おれんじ鉄道」に乗った感想を、有村は「東京では本当に人が多く、満員電車に押し潰されそうになりながら日々乗っているかと思いますが、(肥薩おれんじ鉄道は)一両だけで人を乗せてその人を送り出していく、本当に静かに進んでいく電車だと思います。

そういう空間は私生活では最近なくて、この電車に乗ると自分自身と向き合える時間があるというか、一駅一駅は長く乗っているわけではないですが、ゆったりと自分自身と向き合える電車だと撮影をしながら感じています。とてもすてきな電車だと思います」と感激混じりに明かす。

一方、思い出が多そうな桜庭は「私は転校した友達の家へ一人でおれんじ鉄道に乗って行ったことを思い出しました。一人で乗ったのですごく緊張したのを覚えています。

途中から乗ってきたお婆さんにすごく話し掛けてもらって、それがとても温かいエピソードとして残っています。地元の皆さんの温かさをあらためて思い出させてくれる、すてきな電車だと思います」と、その魅力をアピールした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136461/

あなたにおすすめ