最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

初対面は注意!オフィスでの嫌われ仕草ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ここでは、オフィスでどのような仕草が人を不快にするのか、ランキング形式でご紹介します。

出会いの印象が、その後の「嫌われ度」を決めてしまう……

初対面の人との人間関係を良好にするためには、第一印象が大切です。ここでは、オフィスでの「嫌われ女子の仕草ランキングワースト8」を姿勢と仕草で解説します。

第一印象は姿勢がキメテ。仕事のシーンとプライベートとでは姿勢・仕草のポイントが異なります。

第8位:やたらと髪を触る

■こんな声が聞かれます
・癖なんでしょうけど、業務に集中してほしい

・説明している時に髪ばかりさわられるとイラつく

■姿勢・仕草の解決ポイント
ヘアスタイルは、印象を大きく左右します。髪の乱れを直す為に髪を触る事はプライベートシーンならば、大抵OKですが、ビジネスシーンでは、「顔周辺に髪がかからない」「業務中に髪型が乱れないように」と前もって整えておくのが鉄則。

姿勢で改善できるポイントは、頭の位置を正しいポジションにすること。そうすることにより、髪が顔周辺にかかることはありません。

第7位:とにかく不潔

■こんな声が聞かれます
・スーツやスカートがしわだらけで、だらしない印象

・ハンカチがいつもなく、自然乾燥

■姿勢・仕草の解決ポイント
一見姿勢と関係ないと思われますが、洋服のシワはからだの重心をなおすと軽減する事もあるのです。体の重心が外側になると洋服にしわが出やすいので重心は体の真ん中にキープするように。体を包む洋服の手入れをする気持ちも大切です。衣類は清潔に整える事がビジネスマナーの1つといえます。

6位:片付けができない

■こんな声が聞かれます
・デスクが整理されておらず必要な書類をすぐに取り出せない

・かばんの中をゴソゴソ。取引先で名刺交換時に失礼

整理・整頓ができない人に仕事を任せる事が不安であるという声も聞かれます。

■姿勢・仕草の解決ポイント
自分の姿勢を整える事ができない人が、自身の周辺を整える(片付ける)事は難しいといえます。
まずは、体の中心に1本の線が通るような姿勢を常にとることを意識しましょう。自身の体を整える事ができると自身の周辺を整えたくなります。騙されたと思って実践して下さい。

5位:服装がTPOに合わない

■こんな声が聞かれます
・ミニスカ・生足は真夏でもNG

・スーツの下でもキャミ・タンクトップは見苦しい

・営業ですが、スニーカー(スリッポン)はふさわしくない

■姿勢・仕草の解決ポイント

服装は自己表現の1つともいえます。職種によって異なりますが、職場に慣れるまでは、ベーシックな装いを外さない方が印象を損ないません。服装と同時に、指先まで仕草を意識すると不要な音が出ずに美しい仕草となりますので、心掛けて下さい。

4位:言葉遣い

■こんな声が聞かれます
・親しくなるとため口になる

・同期と話している時は学生言葉

■姿勢・仕草の解決ポイント

言葉で相手との距離をはかる事ができます。たとえ親しくなってもビジネスシーンでは先輩は勿論の事、同期とも学生言葉ではない話し方を心がけます。言葉遣いを人によってわける事は、態度も比例して変わりますので注意が必要です。

言葉を発する時はお腹の下辺り(丹田)を意識して声を出しましょう。ボリュームを上げるのではなく、たとえ小さくても、相手に聞き取りやすい声になりコミュニケーションが円滑にいきます。

3位:メイク

■こんな声が聞かれます
・濃すぎるメイク

・眉毛くらい描いてほしい。表情が分かりにくい

・制服にあっていない派手すぎるネイル

・職場では、つけまは、作り過ぎた感があり不自然

■姿勢・仕草の解決ポイント
ノーメイク派の皆さんから、「メイクを女性に強いることは性差別なのでは?」などというご意見も聞こえてきそうですが、ここでは、すぐにできる印象アップ方法としての考え方をご提案。眉毛がない、顔色が悪い方は、健康そうに見えない、暗い印象などの意見があります。営業など他社の方々と会う機会が多い職種は、暗い印象はマイナス要素となります。

男性とは異なり、女性は、その気になれば手軽にメイク可能。眉毛を整える、自然な色の口紅を塗るというところから始めてみませんか。メイクは、外見の変化だけではなく、内面にも影響を及ぼすと言われています。

また、素顔がわからないくらい濃いメイクも、印象を損ないます。ビジネスシーンで相応しいメイクを心掛けましょう。

2位:食事

■こんな声が聞かれます
・物を残す(食べ散らかす)

・食べている時の咀嚼音

・口にものが入っているのにしゃべる

・肘をついたり、箸の持ち方ができない

■姿勢・仕草の解決ポイント

食事の習慣は、日常生活の様子がダイレクトに表れます。特に、箸の使い方など食事の基本マナーはマスターしておきたいもの。猫背のように体を丸める悪い姿勢は、胃を圧迫するので消化に良くありません。見た目だけではなく、体にも悪いので気をつけましょう。

1位:人によって態度を変える

■こんな声が聞かれます
・イケメン男性社員・上司の前とそうでない人との態度が違う

・好かれたい女性上司とそうでない人との態度が違う

・自分の気分で態度を変える

■姿勢・仕草の解決ポイント
姿勢・仕草は心の様子が映し出されます。誰にだって、気分の浮き沈みはありますし、上司には好かれたいという気持ちはあります。けれど、ビジネスシーンでは心のうちが分からないようにコントロールしたいものです。

日常から姿勢をコントロールできるスキルを身につけ、自身の仕草をコントロールしましょう。気になる時は、呼吸をして「基本姿勢」で心も体も整えましょう。

姿勢を正し、印象アップ

誰だって、新しい環境・初対面では緊張するものです。だからこそ、日常でのちょっとした訓練が必要。私が進める「基本姿勢」は、体の骨格を保つという健康面だけでなく、心も同時に整える作用があります。姿勢は日常習慣の1つですので、日頃からの訓練が大切です。姿勢で印象アップを目指しましょう!
(文:長坂 靖子)

外部リンク(All About)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス