最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

TRF  CHIHARU 

TRFダンサー・CHIHARUが超地味な私生活を公開 小室引退に涙する姿にファン感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小室ファミリーとして93年のデビュー以来、ミリオンセラーを連発。シングル・アルバム合わせて累計2147万枚を売り上げ、近年は楽曲に合わせてダンスを踊る「エクササイズDVD」も350万部の大ヒットを記録したTRF

メンバーとして活躍するダンサー・CHIHARU(50)が、5日放送『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に登場。私生活と小室哲哉への想いを吐露し、大きな反響を見せている。

(画像はInstagramからのスクリーンショット)

■25年前と変わらぬダンス


これまで私生活やキャラを前面に押し出すことはなかったが、番組出演者の博多大吉(46)のファンとのことで密着取材を快諾。ベールに包まれていた私生活が明らかに。

お酒を一滴も飲まず、ウォーミングアップだけで2時間を費やす。ダンスに対して一切妥協しない姿勢で講師を務めた後は、週3で体感トレーニング。

自分にも厳しい姿勢で、50歳を迎えた現在も25年前と全く同じ振り付けのダンスを披露できる身体を維持している。

■地味な私生活


2LDKメゾネットタイプの自宅に一人暮らし、自宅ではテレビにかじりつく生活をおくる。

男性に関しては周囲が「変な人は紹介したくない」と厳しい審査を設けている為、「誰も紹介してもらえない。誰でもいいから紹介してよ」と独身女性の寂しい本音を吐露した。

■小室哲哉引退に涙


ダンスグループで活動中、「オリジナルの曲で踊りたくないの?」と提案した小室哲哉(59)の下でTRFは結成。ダンサーとして自分を引き上げてくれた小室は「誰よりも特別な存在」だった。

「ダンサーはもっとメジャーになっていくべき」、この小室の言葉を胸に「ダンサーで必ず有名になる」と決意したCHIHARU。

密着中、小室引退が発表されると「適当にできない人、常に最高のモノを作りたい人だと改めて思った。小室さんがいなかったら私たちは確実にいない。凄く残念で寂しい」と涙を見せた。

■ファンも共感


音楽業界を震撼させた「小室哲哉の引退」騒動。小室ファミリーとして25年間ともに歩んできたCHIHARUの本音に、ファンも大きく共感している。










■約3割に「尊敬する上司がいる」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体の32.2%が「尊敬できる上司がいる・いた」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

小室は多くのミュージシャンやダンサーを発掘し、彼ら彼女らの人生を大きく変えた。そこには計り知れないほど大きな感謝と尊敬があったはずだ。CHIHARUにとってもそれは変わらない。密着中にこぼした涙がそれを体現していた。

小室が去った後のTRFが、CHIHARUが、どのような活躍を魅せてくれるのか、改めて注目したい。

・合わせて読みたい→小室哲哉の引退に鈴木亜美も悲痛 「どうかどうか涙は見せないで」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス