最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

副業 

副業で収入アップも…家庭が崩壊してしまった人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


以前は、「ほんの少しでもいいから収入を増やしたい」という思いから副業を始める人が多かった。だがいまや会社は一生面倒見てくれるわけではなく、副業を認める会社も増えた。’18年はこれまで以上に多くの会社員が副業に積極的に取り組んでいく“副業元年”になると言われている。

しかし、副業をきっかけに家庭が崩壊してしまった事例もある。竹下和寛さん(仮名・42歳)もその一人だ。

「もともと医療系の検査会社で働いていて、ギョウチュウ検査などを担当していました。一度転職したのですが、元上司から『空いた時間でいいから手伝ってもらえないか』と声をかけてもらって。週末を中心に1日に8~10時間、数千以上の検査をして1万円ほどもらっていました。検査は難しいものではなく、パッと一目で判断できる簡単なものですね」

竹下さんはこの副業で月10万円以上のお小遣いを得て、キャバクラやパチンコ店に頻繁に通うようになったとか。

「帰りが遅くなる日が増え、夫婦ケンカが増えるようになりました。さらに、お小遣いが増えて気が大きくなったのか、羽振りがよくなって職場の女のコと浮気してしまって。結局、浮気がバレて離婚することになりました。今は、無駄遣いしないで子供のためにお金を残してあげたいと思いますね」

夫婦不仲の原因は男性だけではない。三坂奈保さん(仮名・28歳)は「2年前、風俗勤めを同僚に密告され、勤めていた幼稚園はクビ。離婚にもなった」と漏らす。

「公立幼稚園で副業禁止だったので自分に非はありますが、公にしたくない園側からは自主退職を勧められました。

退職後、別の幼稚園で働こうとしても、人手不足なのに不採用。身分照会などで幼稚園に問い合わせが入り、退職の理由が伝えられたのかもしれません。

夫にも許してもらえず、離婚を突き付けられました」

今は実家に戻り、知人の紹介で地元の私立幼稚園で働いているという。失った日常は取り返せない。<取材・文/週刊SPA!編集部>

※『週刊SPA!』2/6発売号「副業[勝ち組/負け組]の境界線」より


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス