2万冊が未返却の地区も 図書館の在り方にマツコ「民間との協力」を提言

しらべぇ

2018/2/6 09:00


公立図書館が貸し出した本の「未返却」に悩んでいる。

5日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「特殊な利用法」で図書館を利用するマツコ・デラックス(45)が同問題に苦言を呈し、視聴者からも大きな反響が起きた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■足立区で2万冊が未返却


督促はがきを送る費用・手間を考慮し、東京都足立区は17年度までの2年間で、約2万冊(総額約2500万円)の返却を断念。

業者に委託、戸別訪問を行うことで4割が返却したとの報告もあるが、利用者の良心やモラル任せでは厳しいのが現状だ。

足立区だけでなく、新宿区も4年間で4502冊が未返却。埼玉県川口市では16年度に督促はがきを約17,000枚送付、約84万円の費用を負担するなど、日本全国で未返却問題が過熱している。

マツコは、「記事に載っているだけでもこれだけ。日本全国だととんでもない量になる」と驚きながら、「無償で本を貸し出すシステムが、今後も成り立っていくのか…」と心境を吐露する。

■マツコはクーラー目当て


さらに、「(いろいろなシステムがあるだろうが、基本的に)一銭の利益もない」と前置きした上で、図書館などの公共施設に関しての持論を展開する。

「クーラーがなかったからずっと図書館に行っていた。余裕があるうちはそういった利用でもよかったかもしれないけど、光熱費や人件費、公共で無償でやっているすべてのものが、今までの尺度でやっていると滞ってきている」と熱弁。

「経費をかけて今まで通りやれる時代ではない。上手くいっていないという意見も聞くが、民間と協力して変えれる部分は変えていくべきでは」と、公共施設の中で、新しいビジネスモデルの模索を提案した。

■視聴者も驚き


日本人の良識・モラルを根底に「無償で本を貸し出す」システムが成り立ってきたが、時代は移り変わり、モラル頼りの経営に破綻が生じていることに、視聴者も驚きを隠せない。






■一方で反論の声も


一部にはマツコに反論する声も。




■6割が「図書館が好き」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,349名を対象に調査したところ、全体の63.9%が「図書館が好き」だと判明した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今ではなかなか手に入らないような資料的な価値のある本や新聞など、図書館でなければ、なかなか読めないものも多い。冷暖房完備の静かな空間で、手軽に無償で本に触れあえる図書館は多くの層に必要とされている。

一部のモラルのない利用者のために、正しく活用してきた利用者にまで負担がかかるようになるのは賛否あるだろうが、図書館や公共施設が今後も成り立つために「大きな決断」が求められているのかもしれない。

・合わせて読みたい→「図書館利用者」の実態がデータで判明!本が大好きな星座は…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

あなたにおすすめ